10月2014

そういえば

2014年10月19日

 秋晴れの一日、赤とんぼものんびり一休み。どうぞお好きに撮ってと言わんばかりです。赤とんぼが少なくなったとか、山の高いところで見つかったとか、赤とんぼの記事が目につきますが、この辺は毎年たくさんの赤とんぼでにぎわっています。来館者が増える中、気になるのがアナグマの親子、最近トンと見かけませんが元気にしているんでしょうか。苔が掘り起こされているのみるといるみたいですが、姿が見えないと寂しいものです。文庫も住みにくくなったなと声が聞こえてきそうです。(u)

秋を感じる

2014年10月18日

   

 最近、朝方の寒さが身にしみます。季節もだんだんと移りゆき、気が付けば文庫の草花も衣替えです。だんだんと暖かくなる日中、不意に事務所から抜け出し、園内を散歩していると、つい一月前までは確かに咲いていた萩の花が見る影もありません。季節は着実に歩みを進めているようです。確か、万葉集で一番読まれていた花は、萩の花だったかと記憶しております。ならば、古人も風流を談ずるのは夏から秋にかけてだったのでしょうか。
 夏から秋、そしてもうすぐ冬が来ます。今が一番過ごしやすい時期なんでしょう。しかも、やっぱり実りも多い。前回の徒然草にも記載しましたが、文庫では、事務室に座っているだけで秋を満喫できます。というわけで、本日はお赤飯の差し入れと、3時の休憩には柿もおやつも…。ありがたいことです。このような秋の楽しみも例年のこととなってきました。雅な秋を感じるよりも、満腹な秋。風流はお腹で感じるもののようです。(S)

花梨の実

2014年10月17日

 今日は曇り空のお天気で、時々陽が射す穏やかな一日でした。最近、日ましに寒くなってきて、半袖ではいられない時期になりました。
 
写真は黄色い花梨の実で、朝方庭に落ちた沢山の枯れ葉を熊手でかき集めていた時に見つけました。秋も深まり色々な木の実が熟して食べ頃になってきました。
 
午前中、北陸DC(デスティネーションキャンペーン全国宣伝販売促進会議エクスカーション)Fコースという日本全国の観光会社の方々が、観光バスで福井県内の観光スポットを視察する一環で、嶺南ではここ一滴文庫がその候補地にあがり朝から大型観光バスが駐車場に停まり、見学されていかれました。又、午後からは石川県の加賀と福井県の今庄からの団体客があり、文庫は賑わいました。一滴文庫も秋の行楽シーズンに入り、連日遠方からのお客様で賑わっています。(T

天気予想

2014年10月16日

 モミジの色づきはまだまだですが、山茶花とお茶の花が咲き始めました。どちらもツバキ科ツバキ属の仲間だそうですが、福井の観天望気という雪に関する天気のことわざも仲間らしく同じです。山茶花の花が高い位置だと大雪、お茶の花が下を向いて咲くと大雪。今咲いている山茶花は高い位置ですが、下に枝葉がないし、お茶の花には上を向いているのもあるし、夏の気候からすると雪は多いのでしょうか。私としては車の四駆を稼働させたのですが、周りからはにらまれそうです。(u)

台風去って

2014年10月15日

   

 先日の台風19号が通り過ぎ、本日朝一で園内を見回ると、被害もほとんどなく無事な文庫にホッと一安心。しかし、一方では園内の樹木がボキボキと折れて重なり、集めると山のようになるしまつ。老木には堪える風雨だったようです。
 そんなこんなですが、小生にとって本日は、沢山のいただきものにかこまれる一日となりました。お米にお野菜、お菓子にビール、それでもって、お浸しに果物類…。ありがたい一日になりましたが、今から持って帰るのが大変です。両手だけでは収まりそうにありません。(S)

台風19号が接近

2014年10月13日

 大型の台風19号がゆっくりと九州から北上してきて15時頃には四国の高知県へ上陸し一滴文庫のある若狭地方へと接近してきました。だんだんと雲行きが怪しくなり、雨風がどんどん強くなってくるのを感じました。写真は一滴文庫の台風対策の模様です。自然が相手なので万全かどうかはわかりませんが、多少の暴風雨は大丈夫でしょう。水上勉追悼式典「帰雁忌」も間近になり、無事に台風19号が通り過ぎてくれることを願うばかりです。おおい町の有線放送からも緊急時の避難場所の指示が放送され、大型の台風19号がゆっくりと接近してきているのを感じました。(T

自己満足な日

2014年10月12日

 今日は個人のお客様で大賑わいの1日となりました。午後4時、ひと段落したところで数えてみると50人を超えていました。遠くは東京から、また、美術サークルの集まりのあとと、お客様との会話もはずみ、こちらも楽しい一日となりました。
 東京からのお客様からは、「日本海」いう装丁も値段も内容もすべて立派な作品を教えていただき、美術サークルのお客様には、名札に描かれている猫のゆるキャラをお教えすることができ、一人気分は上々です。
 残念ながら3連休後半は大荒れのようですが、今日で大満足。明日は台風対策で忙しくなりそうです。(u)

 

カマキリの卵

2014年10月11日

 写真は、くるま椅子劇場玄関壁の高い所で、雌カマキリが卵を産み付けているのを写してきたものです。今年も文庫の板壁にカマキリ達が卵を彼方此方に産み付け始めました。どのカマキリも大きなお腹をしいています。今年は、卵を産み付けている位置がどれも高く250㎝ぐらいの所でした。モズの「はやにえ」やカマキリの産み付けた卵の位置は今年の積雪量を予測するものと、ものの本に書かれていましたが、余りにも産み付けた位置が高過ぎて、このままだと一滴文庫は雪に埋もれてしまいそうです。カマキリの知らせがどれだけ正確なのかはわかりませんが大雪になりそうで困ったものです。(T

月の夜

2014年10月10日

 先日、文庫を閉館してから、個人的に頼まれている○○委員会に参加してきました。委員会が終了して公民館からでると外は真っ暗。時計を見ると9時過ぎの文字。さぁ帰ろうと、上を見上げると赤銅色のお月さまが行く先を照らしてくれているじゃありませんか。そうです、新聞にもデカデカと一面で写真が掲載されていたあの日です。なんとも面白い月だな~と、帰り道。この月みたいに、浮世の闇を照らしてくれる道しるべでもないものかと、安易な思考ばかりが巡ります。文庫での業務でも、日常の生活でも、最近ない頭をフル回転させなければならないことが多すぎて、ショート気味な昨今。頭上から照らされて考えるのは、足元の道のことではなく、今後の行き先の方ばかりです。(S)

*残念です。何やらせっかくの写真が掲載できません。なぜでしょう?

座布団干し

2014年10月9日

 好いお天気の一日でしたが帰り際に、にわか雨が降り出しました。
 
日中、陽射しが強く六角堂スタッフが座布団を干していたので写してきました。湿気を蓄えた座布団はペシャンコでしたが、太陽の陽射しに焼かれて膨れ上がっていました。干された座布団はこれから始まる若州文庫の一大イベント帰雁忌に来館されるお客様を気持ちよく迎えてくれそうです。

 昨日午前中に、本郷小学校の2年生32名が校外学習「まち探検」のため来館し、竹紙漉き体験や本館・竹人形館の展示物を見学して帰りました。子供たちは楽しい体験学習と共に、作家水上勉が生まれ故郷に一滴文庫を残したことを少しは理解してくれたのではないかと思いました。(T