5月2014

名誉の負傷?

2014年5月19日

 ここ最近、ニョキニョキと伸びてくる雑草との勝負から一日が始まっております。本来であれば、草刈り機などでいっぺんに刈り上げてしまえば楽なのですが、これも修行の一環と、小生は一本一本手で根っ子からむしり取っています。
 しかし、ここ数日は、草に負かされる日々が続いております。そうです、普段軍手などを着用するのが苦手な両手は、多くの草をむしり取った仕返しとばかりに、気を抜いた瞬間に草や葉に切り裂かれてしまいます。痛い! と思ったときには手遅れで、手の指は真っ赤に染まっています。なんとも悔しい気分でいっぱいですが、これも勝負事とあきらめて、次の日こそは指を切られずに、全ての草を抜ききろうと心に誓う、今日この頃です。(S)

仲間がいれば

2014年5月18日

 今日は絶好の田植え日和、緑の縞模様が広がっていきます。その中を「ふるさとファミリーウォーク」の参加者が、文庫のチェックポイントめざしてやってきました。来館といっしょになったお客様は、何事かと一瞬驚いた様子でしたが、ウォーキングイベントは盛んなんですね、お話しすると納得されていました。「歩くだけで何が楽しいのやら」なんて、昨日、年に一回のスポーツをしに遠出して、ヘロヘロのわが身、他人から見れば「何が楽しいやら」、やってみもしないこと、とやかく言えた義理じゃありませんね。でも、汗を流した顔は気持ちいいものです。
 隣の中学校からは、応援の練習でしょうか、掛け声や鳴り物が聞こえてきました。都会にいればうるさいだけなんでしょうが、ここでは良い心地、疲れた体に元気をくれそうです。(u)

竹紙漉き

2014年5月17日

 一日中好いお天気で、心地よく過ごせました。
 竹紙漉き工房から、トントンと木槌で竹を叩く音が聞こえてきたので、おじゃましてきました。
 漉き上がったばかりの竹紙は水分をいっぱい含んでベトベトでしたが、手間暇かけて竹の繊維から不純物を取除き、やっと出来た竹餅で漉いた竹紙は、均一のうす茶色一色で、美しく見えました。竹紙は、買うと一枚数百円と大変高価ですが、竹を紙にするまでの人間の手間暇を考えるとむしろ安いかもしれませんね。竹紙漉きは大変興味深いものです。竹紙漉きの体験教室も行っていますので興味のある方は、一滴文庫事務局までご連絡下さい。(T

二冊の本

2014年5月16日

 早いもので、前回の企画展が終了してから一週間が過ぎました。先日終了したこの展示は児童文学展ということもあり、福井県立図書館から二冊の希少本(水上勉著作の児童書)をお借りして展示していました。そして、ついに本日その二冊の本を県立図書館に返却。なかなか名残惜しいものです。
 しかし、この展示を実施したことにより、水上文学における児童本の所在(どこに、どんな本があり、どのような内容がつづられているか)がはっきりするなど、かなり勉強になりました。
 ここでお世話になるまでは、文学なんてどこ吹く風状態の小生でしたが、気付けば児童文学というジャンルにまで手を出すしまつ。これを 〝成長” と好意的にとらえるべきか、はたまた 〝手を伸ばしすぎ” と自重的にとらえるべきか…あと数年もしたらはっきりしてくることでしょう。(S)

絶版本

2014年5月15日

 「県立図書館で、国立国会図書館がデジタル化した資料のうち、絶版本等をデジタル版で閲覧・複写できるサービスを新たに開始した。」との新聞記事を読みました。絶版等の理由で入手が困難な資料について、閲覧および複写ができるとのことですが、その資料例として、水上勉初期の児童文学作品が掲載されていました。事実、掲載されていた作品は、文庫の水上作品コーナーにはないので、どんな作品なのか見てみたい衝動にかられたのですが、読んだ、否、目をとおしたと言ったほうがいい水上作品は、両手をどうにか埋めるぐらいの私ですから、絶版本の言葉に惹かれたのは確かです。
 文庫の蔵書は、資料として集められた水上作品以外の作品が大半ですが、いつかは水上作品が大半を占める図書室にしてみたいものです。(u)

ゾウムシ

2014年5月14日

 強い日差しが雲にさえぎらた曇り空のお天気で、心地よい一日でした。
 本館玄関前のハルニレの木に大きなゾウムシがいて写してきました。頑丈な鎧を身にまとったこの虫は、カミキリムシと遠縁で、日本だけで種名のあるゾウムシは1000種類、全世界で6万種類ほどいると、ものの本に書かれていました。鼻が長くて姿形が奇妙なこともあり目につきますが、さほど珍しい虫ではありません。庭の植物も、虫たちも成長してきました。(T)

 お猿とカブトムシ

2014年5月12日

   

 本日、朝一で出勤してきたら園内荒れ模様。なんで、こんなにタケノコのカスや茶色の落し物が至る所に……?と思いきや、遠方の方からこっちを窺う一団が。そうです、奴ら(猿軍団)がまた出没してきました。
 まぁ、彼らの生活も苦しいのでしょうが、もう少し節度ある行動を望みます。もしかしたら「反省」は得意かもしれませんが、態度を改めることは…さすがに難しいでしょうね。
 ちなみに、園内のとある場所では、本来いるべき場所から転げ落ちてしまったであろうカブトムシ(たぶん)の幼虫も発見してしまい、近くの木の根元に優しく埋め直してあげました。いつの日か、恩返しを待っていますが…こちらも、もちろん難しいでしょうね。(S)

お庭拝見

2014年5月11日

 一滴文庫の楽しみ方は人それぞれですが、お褒めの言葉をいただくのはうれしいものです。当初の文庫をご存じの方からは、「お庭がきれいになりましたね。大変ですね。」と声をかけていただきます。今日もご年配のご婦人がお越しになり、「やっと藤の花が見れました。もう思い残すことはありません。」と感慨深げにお話になりましたが、ツツジやナンジャモンジャの花もご覧になったあと、「また来ます。」と元気にお帰りになりました。
 倒れたり、枯れたりしてなくなった木々もたくさんありますが、文庫を大切に思う人たちの手によって、今の姿があるんです。それは咲き誇った花の姿でわかります。名園と言われるように形よく管理はされていませんが、自然は実に見事に形を作ってくれます。(u)

ナンジャモンジャの開花

2014年5月10日

 一日中好いお天気で、陽射しも強く暑いくらいでした。
 このお天気でナンジャモンジャが開花し始めました。遠目から見るとコンモリと葉の上に雪が積もっているかの様に見えます。今日が開花初日だったのか、日陰の蕾などは咲きかけのものもありました。これから、だんだんと気温が高くなり暑い夏に突入して行きます。
 
白い花弁のナンジャモンジャが来館者を迎えてくれます。緑豊かな心地よい一滴文庫にどうぞ足を運んで下さい。(T

生命力

2014年5月9日

 今日も朝から庭のお手入れ、重要な一日のはじまりです。しかし、つい先日(たぶん4月の中旬ぐらいでした)、草むしりをしてツルツルにしたはずの人形館横の地面から、また雑草がニョキニョキと背伸びしてきているではありませんか…。なんという生命力でしょうか。あれから、まだ幾日しか経過していないというのに…。そういえば、先日読んだ本のなかに「掃除というのは、無常を知るためにするものだ」という一文がありました。小生は、一概にはそのようには思えません(もちろん、これまでに草むしりで無常を感じてしまうことは多々ありましたが)が、これも一つの意見として面白いと感じていました。そして、本日の実体験! でも今日は、無尽蔵に伸びてくる雑草に感じるのは無常ではなく、その生命力のすごさに対する感嘆の感情です。やはり雑草の生命力というものはすごい。でも、感心する一方、早速むしってあげますけどね。(S)