お庭拝見

2014年5月11日

 一滴文庫の楽しみ方は人それぞれですが、お褒めの言葉をいただくのはうれしいものです。当初の文庫をご存じの方からは、「お庭がきれいになりましたね。大変ですね。」と声をかけていただきます。今日もご年配のご婦人がお越しになり、「やっと藤の花が見れました。もう思い残すことはありません。」と感慨深げにお話になりましたが、ツツジやナンジャモンジャの花もご覧になったあと、「また来ます。」と元気にお帰りになりました。
 倒れたり、枯れたりしてなくなった木々もたくさんありますが、文庫を大切に思う人たちの手によって、今の姿があるんです。それは咲き誇った花の姿でわかります。名園と言われるように形よく管理はされていませんが、自然は実に見事に形を作ってくれます。(u)