4月2010

新刊図書のご紹介『麦ほめに帰ります』、『ママ、お話読んで』、『キタキツネ』

2010年4月17日

一滴徒然草画像  一滴徒然草画像

一滴徒然草画像

『麦ほめに帰ります』(10年4月10日刊)、『ママ、お話読んで』(10年4月10日刊)、『キタキツネ』(10年4月10日刊)の児童書3点を版元の新日本出版社よりご寄贈いただきました。

最初の『麦ほめに帰ります』は、人間の心をもったとたん、「失敗だ」とセンサーを切られたロボット兵士・ロボメガリス。「家族が飢えていないか」が心配だという鉄砲をかついだ兵隊。やりをつきさした年寄りの顔がわすれられない足軽。それぞれの時代に、戦場の足手まといとされた三人の男たち。三人は出会い、麦を実らせ、最後のいのちを、人間らしく生きる。   

2冊目、『ママ、お話読んで』は、ジョーゼフはお話しを聞くのが大好き。図書館から借りてきたむずかしい本を、お話し上手のママに読んでもらおうと思いました。でも、ママはいそがしいと言ってなかなか読んでくれません。ある日、ママは泣きながら、本当は読み書きができないのだとジョーゼフに打ち明けました。ママは、文字を学ぶための講座に通い始めます――。

3冊目、『キタキツネ』は、北国のおそい春、育ちざかりの子ギツネたちのために、お父さんもお母さんもえさ探しで大忙し。でも、そんな中いたわり合う姿も・・・。季節はめぐり、わんぱく子ギツネたちはレスリング、狩りの練習などして、大自然の中で育っていきます。すばらしい写真と文で、野生の姿を紹介する写真絵本。

3点とも本館図書室ブンナの部屋にあります。ぜひご一読ください。(T)

レンゲソウ

2010年4月16日

一滴徒然草画像  一滴徒然草画像

今日も寒い日となりました。午後からは雨も降ってきました。こう寒くてはストーブから離れることが出来ません。毎日桜を見て季節を楽しんでいましたがふと足元をみるといつのまにかレンゲソウも花盛りを迎えていました。早くポカポカ陽気の春に戻って欲しいものです。(M)

『水上勉の世界』展

2010年4月15日

一滴徒然草画像

今日は、曇り空のお天気で肌寒かったです。午後からは観光バスやマイカーでのお客様が来館し、賑わいました。

群馬県立土屋文明記念文学館で『水上勉の世界』展が4月24日(土)~6月20日(日)まで開催されます。
会期中には、(「信濃デッサン館」「無言館」館主の作家・窪島誠一郎氏)と(俳優、劇団文化座代表の佐々木愛氏)の記念講演会が催されます。
水上勉生誕90年となり、群馬県立土屋文明記念館で開催される運びとなりました。展覧会には水上勉が生前に制作した絵画、書幅、焼き物などが多数展示され、多才な水上勉の魅力を紹介します。
近くにお立ち寄りの際には是非、足をお運び下さい。(T)

お問合せ先 群馬県立土屋文明記念文学館(TEL 027‐373‐7721)

あなぐま

2010年4月14日

一滴徒然草画像  一滴徒然草画像

 昼間から、人の目を気にすることなく、食べ物探しに夢中です。一心不乱に鼻先で土を掘り起こしています。「アナグマ君、タヌキ汁とはあなたのことなんですよ。度が過ぎると鍋に入ってもらいますよ。」と脅かしてやりたいですが、のんきな姿を見てると怒る気持ちもうせてしまいます。自然だらけの文庫です。(U)

この谷に生きる

2010年4月12日

一滴徒然草画像

本館ロビーの絵は見る人の心を瞬時に捉えるようです。渡辺淳先生の絵に余計な説明は不要です。先生の言葉をランチョンマットにしました。また、挿絵も色紙にしました。数に限りがありますがいまならお分け出来ます。ご希望の方は六角堂でお申し出下さい。(M)

2010年4月11日

一滴徒然草画像  一滴徒然草画像

 わが町の駅、文庫への最寄り駅、JR若狭本郷駅です。駅舎は新しくなり、走る列車も蒸気機関車、気動車、電車へと変わりましたが、列車が行き交う風景はいつまでたっても変わりません。自動車は便利でいいですが、旅はやっぱり列車です。今なら車窓からこんな風景がご覧になれます。列車に揺られて出かけたくなりました。(U)

春真っ盛り

2010年4月10日

一滴徒然草画像  一滴徒然草画像

朝から快晴の暖かい一日となりました。
日中気温が上がり、遅咲きの桜も蕾を開かせ始めました。庭の桜の中で一番綺麗だと言われている竹人形館裏の枝垂れ桜も開花し始め、春真っ盛りの文庫となりました。(T)

「若狭西街道」

2010年4月9日

一滴徒然草画像  一滴徒然草画像

広域農道「若狭西街道」が開通して一年あまり。文庫と小浜の名刹、「神宮寺」や「明通寺」との往来はとても早くなりました。国道に出ずに行き来出来るのでとても分かり易くもなりました。案内は嶺南地域振興推進協議会発行の観光ガイドマップをご覧下さい。文庫にも置いてあります。(M)

宗像一滴の会から薪をいただきました

2010年4月8日

一滴徒然草画像  一滴徒然草画像

一滴徒然草画像

先日4日に福岡県宗像市から宗像一滴の会のメンバー4名がお越しになりました。
福岡から高速も使って約10時間(1500km)という長い道のりを大量の薪とともにお越し下さいました。お持ち下さった薪は、毎冬六角堂の暖房に使用する薪ストーブの燃料です。毎年のように遠い福岡県から来られ、梅の剪定や薪の補充をボランティアで行なって下さいます。

トラックいっぱいに載せた薪をみんなの手渡し作業で薪小屋に積み下ろしました。右端の写真は、薪の材料となった間伐材を山から引き出している作業風景です。
夜には、懇親会を開き心温まる交流をすることができました。

メンバーの方から道中の感想がメールで届きました。その中に「文庫から帰宅する時、雉の雄雌が私たちを見送ってくれました。ここで雉を見たのは初めての事で、とても嬉しくなりました」とありました。

1980年から水上勉先生とのおつき合いが始まり、30年もの間、人と人の心の交流が続いています。(T)

とっておき

2010年4月7日

一滴徒然草画像  一滴徒然草画像

 庭木の剪定のおかげでしょうか。今年の桜はひときわ鮮やかです。毎日、居ながらにしての花見、桜の木の下でとはいきませんが、飽きることはありません。まもなく、枝垂桜が満開です。(U)