8月2017

乞うご期待

2017年8月18日

 秋季イベントの広報のため、久しぶりに外回りをしてきました。いつもは学芸員が担当してくれるのですが、「今日はあなたが行きなさい」となったため、それではと何年振りかに出かけたわけです。とはいえ、私が受けて進めるうえで、一度どんなものかと興味本位に見に行って、すっかりはまってしまったんですから、それを伝えるのは私の役目となるのは当然です。フォークデュオ キッサコのコンサート、その一人は現職の僧侶です。詳細は近日中にホームページに掲載いたします。
 9月17日に福知山市の養泉寺さんで名月コンサートと銘打って、午後7時からお二人のライブがあります。文庫でのコンサート前に一度お聴きになってみてください。(u)

哀しい一日

2017年8月17日

    水上勉著書の装幀や挿絵を多数描き、若州一滴文庫の設立や運営に深く携わり、ライフワークとしておおい町の豊かな自然を隅々まで描き、多くの子供達に絵を描く喜びを教え、多くの人達と語り合った画家渡辺淳が亡くなりました。今日はその葬式が高浜町JA西武やすらぎホールで行なわれ、大勢の方が葬儀に参列し涙しました。たくさんの人達に深く愛されていたことを実感しました。
     いつまでもいつまでも見守っていてくれるだろうと思っていた心強い人が亡くなり心が挫ける思いです。出会いがあれば別れはつきものですが、本当に哀しい一日となりました。

渡辺淳先生いっぱい色々なことを教えて下さり、ありがとうございました。(T)

訃報

2017年8月16日

 先日の新聞紙面などでご存知の方も多いことかと思います。若州一滴文庫創設からこれまでずっと当館がお世話になり続けていた渡辺淳先生が8月14日にご逝去されました。本日、文庫にいても、何だか支柱が抜けたような感じで館自体がフラフラと揺れている気さえしています(揺れているのは人間の方か?)。
 小生は、まだ6年程度しか文庫で活動しておりませんが、その存在の大きさはそこかしこで感じておりました。毎年の講演でお聞きする水上先生との思い出話や、文庫の庭園や建物の由来、先生ご自身のお話などなど。思い出すだけで目頭が熱くなる思いです。しかし、まだまだお聞きしたいことも多かったのに、何故時間のあるときに聞かなかったのかと、力不足で怠惰な自身の身上を悔やんでも悔やみきれないことばかりが頭をよぎります。本当に、まだまだお元気でいてほしかった。
 こんなことを書くと、先生からまた電話がかかってきて「Sさん、ワシのことは、いかんで~。恥ずかしいわい。笑笑笑」なんて言われそうです。徒然草に気になることがあったらいつも、すぐに電話がかかってきて「Sさん、今日のは特に面白かった(特にといっても、週に一度くらいは電話かかってっきてましたけど)。あんたのいつも面白いなり、読みごたえあるなりで、ええわぃ! 一滴の徒然草見るの毎日楽しみや」って言っていただいてたんですが……。徒然草一番のヘヴィーユーザーが逝ってしましました。残念でしょうがありません。(S)

甲斐あって

2017年8月14日

 5月の連休から始まった水村喜一郎展も今日で終わりとなりました。例年ですと、この時期の企画展は先週の月曜日に終了となるのですが、担当学芸員に無理を言ってお盆まで伸ばしてもらったのですが、帰省されたお客さんで賑わい、ひと安心です。今度は出かけていって見てみたいものです。(u)

大きな椿の実

2017年8月13日

 盆に入りました。今日は快晴でしたが風があり、涼しいくらいでした。
 本館横の椿の木に子供の拳ほどもある大きな実が幾つも生っていたので写してきました。この椿の木は毎年大きな実をつけます。水上先生は好きな椿のことを幾話も書いて、文庫の庭には何種類もの椿や山茶花が植えてあります。これだけ大きな実なので、椿油もいっぱい採れそうですね。(T)

出張報告 その2

2017年8月12日

 先日の東京出張の折り、実は前日に休みを取って、一日早く前乗りで東京に行っておりました。なぜ一日早く関東入りしてみたかというと、もちろん遊ぶため……ではなく、鎌倉に行くためです(安心してください。自腹ですよ。笑)。
 しかし「いざ鎌倉!」という一大事的なものではなく、北鎌倉の円覚寺と東慶寺を実見するためです。もちろん、この二寺は有名なお寺さんですし、次回の小生の担当企画展にどうしても欠かせない場所。これは、何とかして実際に見とかないと! と思い、出張のついでに鎌倉まで足を延ばしてきました。結果、なんだか一皮むけた気分です。やはり、実際に見てるのと見てないのとでは、大違い。まさにそれを体感した気分です(まさか、あそこまで大きなお寺さんだったとは……しかも、あの雰囲気)。
 では、この経験を生かし、次回秋季企画展は盛況になるように、残り三ヶ月で最後のスパートをかけなければなりませんね。(S)

帰省

2017年8月11日

 お盆の帰省ラッシュ、人も車も大渋滞。そんな世間の風物詩に遭遇していた頃もありましたが、今では懐かしい限りです。文庫への道が大渋滞なんて想像すらできませんが、おじいちゃん、おばあちゃんとご一緒のお客様をちらほらとお見受けします。お孫さんを連れて楽しんでいらっしゃいますが、いつかはお孫さんに連れられて来てほしいものです。文庫は15日の火曜日は定期の休館日ですが、その他の日は開館していますので、帰省の土産話に来てみてください。(u)

ハグロトンボ

2017年8月10日

 閉館間際に雨が降り出しました。毎日陽射しの強い暑い日が続きましたが久々の雨で夕刻から暑さも和らぎました。
 水田の稲穂が黄色くなり、頭を垂らし始めました。収穫も間近のようです。そんな田んぼの中を黒い翅をしたハグロトンボが気持ち良さそうにヒラヒラと舞っていたので写してきました。ものの本によるとハグロトンボのオスの胴体は金緑色で、メスは黒色だそうです。写真のハグロトンボはオスみたいです。(T)

チラシの行く先

2017年8月9日

 文庫へ送っていただくイベントのチラシの数も増え、今では分厚いファイルに入れないと置き場所にも困るようになりました。棚に並べるだけの数しかなかった頃を思うと、ありがたいものです。でも、うっかりすると整理を忘れ、ファイルもパンパン、お客様に「お好きにどうぞ」とは言えない状態になってしまいます。誰が担当というわけではないですが、少し整理して出したのがこの状態です。期限が過ぎると処分となるのですが、捨てるには惜しいようなデザインが目につきます。もったいないではないですが、文庫の壁中に貼ってやろうかしらなんて、「バカなことを考えていますね」と言われるのを承知で、その機会を狙っています。文庫の過去のチラシならいいかしら。(u)

出張報告 その1

2017年8月7日

 本日、無事戻ってまいりました。
 今回の出張も実りの多いものとなりました。午前中は資料の調査、午後は講演の聴講、夜はそれらの資料のとりまとめと、息つく暇もないほどの日程をこなしてきました。もちろん、成果は上々! 水上先生と〇〇〇〇〇(まだオフレコですが、超有名な作家さんです。ヒントは漱石のお弟子さん。)との関係を示唆する資料なんかも手に入れてきました。これは、次の企画が楽しみです(もちろん、今後常設展でも活用していきます)。
 と、そんなこんなな数日間でしたが、いつも持ち歩いている携帯電話をヒョイっと見ると、東京滞在中の徒歩での移動距離が何と! フルマラソン+ハーフマラソンの距離を上回っていました(笑)。そういえば、東京にいても生活習慣というものは変わらず、毎朝5時には起床して、用意もそこそこで目的施設にGo。時間が時間なだけに電車で行くと開館数時間前……、ということで毎日東京の街中をフラフラと数時間かけて歩いて移動していましたら、一日平均14KM(2万歩~3万歩)。そりゃ~私、なかなか太れませんね。
 しかし、そろそろこのギュウギュウズメの詰め込み調査日程を改めないと、体がもたない年齢に達してきました。文庫のなかでは一番若い! といっても、気が付いたら私ももうそんなお年頃です。(S)