若州一滴文庫とは

若州一滴文庫

若州一滴文庫は、作家水上勉氏が主宰されている若州人形座の拠点として、また宗教・美術・文学などの資料を展示する施設として昭和60年に開設されました。

「若州一滴文庫」という名称は、おおい町大島出身の儀山善来(ぎさんぜんらい)和尚の「曹源一滴水(そうげんいってきのみず)」という「一滴の水も粗末にするな」という和尚の思想に感銘を受け、付けられました。

若州一滴文庫は、「子どもたちに本と出会い、人生や夢を拾ってほしい」という水上勉氏の強い思いが込められています。現在は、水上氏の想いを受け継ぎNPO法人一滴の里が運営を行っています。

「大都市に建っているようなものはいらない。都市の物真似はいらない、小屋でいい。」という水上氏の思いをもとに建築された建物は、谷間に溶け込んでいくような佇まいの建物、人を包み込み展示物がバックとして十分な役割を果たし、互いに協調し合い見る者に訴えかける空間をめざし、それにふさわしい材料・工法が選ばれています。(1990年 中部建築賞受賞)

施設沿革

1984年(昭和59年)10月本館竣工
1985年(昭和60年)3月開館
1987年(昭和62年)12月竹人形館竣工
1988年(昭和63年)9月くるま椅子劇場竣工
1989年(昭和64年)4月六角堂竣工
2000年(平成12年)12月都合により休館
2002年(平成14年)3月NPO法人一滴の里設立
2003年(平成15年)3月主要な施設をおおい町に寄付
2003年(平成15年)5月NPO法人一滴の里による運営で再開館
2004年(平成16年)9月創立者水上勉が肺炎のため長野県の仕事場で永眠
2005年(平成17年)7月本館図書室に子ども読書室「ブンナの部屋」設置
2014年(平成26年)8月水上勉没後10年追悼企画展「日本の風土をつなぐ水上勉の足跡」展開催
2015年(平成27年)3月若州一滴文庫開館より30周年を迎える
2017年(平成29年)8月一滴文庫運営に尽力されてきた渡辺淳(水上勉の装丁画家)死去
2019年(平成31年)3月水上勉生誕100年記念展などが開催される

施設情報

建主水上勉
敷地面積約7,000m²
設計泊建築設計事務所
1990年 中部建築賞受賞