プロフィール

略歴

1919年(大正8年)3月8日 福井県大飯郡本郷村岡田(現おおい町岡田)に生まれる
1939年(昭和14年)『月刊文章』に「日記抄」と題した作品を投稿し、高見順の選で選外佳作となる
1948年(昭和23年)『フライパンの歌』を文潮社より刊行し、ベストセラーとなる
1960年(昭和35年)『霧と影』が直木賞の候補となる
1961年(昭和36年)『海の牙』が第14回探偵作家クラブ賞を受賞する(以後、多くの賞を受賞)
『雁の寺』が第45回直木賞を受賞する
1970年(昭和45年)父・覚治が死去する
この帰郷の折に渡辺淳氏と出会う
1971年(昭和46年)『宇野浩二伝』が第19回菊池寛賞を受賞する
1977年(昭和52年)実子・窪島誠一郎氏との再会を果たす
1985年(昭和60年)若州一滴文庫を創設する
1998年(平成10年)文化功労者に選ばれる
2004年(平成16年)9月8日 長野の仕事場で永眠(85歳)

作品

小説「越前竹人形」
「はなれ瞽女おりん」
「金閣炎上」
伝記小説「良寛」
「一休」
童話「ブンナよ、木からおりてこい」

など著書多数。