くち、無し?

2013年7月8日

      
 久方ぶりにクチナシの花が咲きました。剪定されすぎたのか、木の名前は名札だけ、花がどんなのか忘れかけていました。実が熟しても割れないので「口無し」というのだそうですが、咲く場所を間違えています。文庫には、「水上文学を語らせたら・・・」、口がいくつあっても足りない面々ばかり。固く閉ざした実を配ってあげたいくらいです。
 でも、蕾を見るとトルネード。勢いよく咲きそうです。言葉を発する代わりに強い匂いを発します。文庫にあってるのかも。(u)