新刊図書紹介『ヒグマ』、『星から宇宙へ』

2010年9月2日

一滴徒然草画像  一滴徒然草画像

児童書2点―『ヒグマ』(2010年8月25日刊)『星から宇宙へ』(2010年8月25日刊)――を版元の新日本出版社よりご寄贈頂きました。

最初の『ヒグマ』は日本の野性動物撮影をライフワークとしている久保敬親氏が、大自然の中のヒグマ親子が、四季の移り変わりとともに生長していく姿を、生き生きと撮った写真で紹介する写真絵本です。「北国の野生動物」全5巻完結です。   

2冊目、『星から宇宙へ』は、この10年、すばるなど大型高性能望遠鏡の観測で、宇宙の年齢も分かってきました。でも宇宙を満たす道の暗黒物質やエネルギーなどの新たな謎が。宇宙の始まりや星でつくられてきた物質の歴史など、星の専門家の目から、わかりやすく解説。わたしたちの住む宇宙について、つきることない関心にこたえる本です。

2点とも本館図書室ブンナの部屋にあります。お立ち寄りの際にぜひご一読ください。(T)