2015年6月

一息つけない毎日

2015年6月24日

 竹人形文楽も盛況のうちに幕を閉じ、また来年にむけて一年間がはじまったと、一息つきたいところですが……どうもうまくいきません。イベントの後処理や、次のイベント、展示の準備、打ち合わせなどなど……。次から次にと業務に追われております(ひぃ~、バタバタ)。そんな本日は、福井県立大学の学生さんたちが一滴の空気に触れるために、福井市内のキャンパスからバスを駆りたててお越しいただきました(ひひぃ~ん、パタパタ)。経済学部の学生さんたちということで、どうやら興味は文学とは一線を画すご様子。合間合間を見計らって、文庫の存在理由のなかに確かにある(存在)している経済構造(という程のこともありませんが、こういった文化施設のもつ経済効果のことですね)を小出しにしておりました。これを境に、少しでもご自分の専門からみた文化施設を勉強してもらいたいものです。そして、またお近くにお立ち寄りの際には、もう一度じっくりと見学していってもらいたいものです。(S)

豆本

2015年6月22日

 田奈部豆本「越前竹人形」と「紅花物語」をご紹介します。二十数年前に和歌山県田辺市の版元から発行されたものですが、この度、在庫を所有されていた方から、「根強い水上勉先生のファンの方々も多いと存じます。少しでも多くの方々の手元へこの豆本が届けてもらえませんか」との申し出があり、この本の販売をお受けしたものです。水上作品にもいくつか豆本があるのですが、文庫には未収蔵のため、いつかは水上勉作品コーナーに揃えたいと思っていた矢先、こんなありがたい話をいただいたわけです。どちらも横10㎝、縦7.5㎝の手のひらに乗るほどの小さな本です。読むというより、希少本のように感じます。
 特に、「紅花物語」は劇団俳優座の公演にあたって、台本として書かれたもので、この豆本でしか読むことはできません。また、どちらの本も、造本と体裁に全国の有名な和紙が使われており、ひとつひとつ手作りされたもので、200部限定版朱筆番号入りとなっています。
 作品は新品の状態ですが、製作されてから二十数年経過し、手すきの和紙に若干の変色が発生している場合があるとのことですが、中身を開けての確認はできませんことをあらかじめご了承ください。
 若州一滴文庫の開館30周年にこのような本に巡り合えるとは思いもしませんでした。ぜひ、この機会にお手元にどうでしょうか。興味のある方は一滴文庫までお問い合わせください。(u)

竹人形文楽劇 曽根崎心中 2日目

2015年6月21日

    今日は小雨の降る残念なお天気となりましたが、暑さが和らぎ心地よい一日でした。
    
昨日に引き続き、くるま椅子劇場で若州人形座公演竹人形文楽劇「曾根崎心中」が行われ、昨日同様たくさんのお客様が来館し、一滴文庫は賑わいました。
    会場のくるま椅子劇場は日本中からお越しになったお客様で、ビッシリと埋め尽くされました。徳兵衛がお初と心中するシーンでは、お客様が感極まって小声をあげる方がいるほどでした。最後の拍手は鳴り止まず、臨場感あふれる素晴らしい竹人形文楽公演劇だったことを実感しました。
   
公演終了後の後片づけもスムーズに進み、二日にわたって行われた竹人形文楽劇「曾根崎心中」の公演は盛況でした。(T

竹人形文楽初日

2015年6月20日

 本日は、年に一度の竹人形文楽の日(初日)! やはり、良いものです「満員御礼」の札がポスターに貼られているのを見ることは!
 会場は、押すな押すなの超満員、そして私はというと、例年通り観劇を終えて出てくるお客様を捕まえては「どうでしたか?」と聞いて回る役回り(勝手にやっているだけですが)。皆様、口々に「素晴らしかった!」を連呼されていました。その中でも、とあるご婦人は「心中もいいものね。一度あんな心中を体験してみたいもの……と、いう訳にもいかないわね」と一言。たぶん、〝心中”という部分に惹かれたのではなく、その前置きに惹かれたのだと思いますが……一歩間違えば、危ういことです。でも、そこまで観劇者をひきつける竹人形文楽の魅力、さすがです。
 明日、二日目の公演がありますが、明日ももちろんチケットは完売。本日のお客様のなかには、すでに来年のチケットが予約できないものかと相談に来る方もチラホラ。まだまだ一年間もありますので、じっくりと余韻を楽しみながら、お待ち下さい。(S)

公演を前に

2015年6月19日

 明日からの竹人形公演を前にして、こちらも梅雨入りが発表されました。ほとんど雨に降られることのない一滴文庫でのイベントですが、この一年、行いが悪かったせいか雨となりそうです。とはいえ、おかげ様で、土曜日、日曜日ともチケット完売と、非常にありがたいことです。
 なにぶん小さな田舎の劇場です。定員を超えてお入りいただくとゆっくりご覧いただけません。当日券の発行は致しませんのでご了承ください。(u)