4月2015

タンポポ

2015年4月18日

 快晴のお天気で、空には一筋の飛行機雲がくっきり浮かんでいました。
庭の植物が暖かな光を浴びて青々と成長してきましたが、雑草も同じように青々と伸びてきたので頭を悩ませています。そんな雑草に混じって黄色いタンポポが咲きはじめました。生け花とは違って、地面に根をはって生きるタンポポは力強いです。緑豊かな心地よい一滴文庫にどうぞ足を運んでみて下さい。(T

文庫を描きましょう

2015年4月17日

 今年も隣の中学校の生徒が、美術の授業で文庫に来てくれました。1年生の生徒が一滴文庫を題材に絵を描いてくれるのです。モデルになる文庫も慣れたもので、出来上がりが楽しみにしているように見えました。1回目ですので手の動きは二の次でしたが、友達と一緒というのはいいものですね。(u)

ナンジャモンジャの若葉

2015年4月16日

 好いお天気でしたが、黄砂のためか靄がかかったような空でした。庭の桜がたくさん花弁を落として、アスファルトの道がピンク色に染まったところがありました。桜の枝先からは若葉が見え始めました。暖かくなり、ついにナンジャモンジャの枝先の蕾がはじけて、若葉が出始めました。写真はナンジャモンジャの枝先です。今年も5月の中頃には、ナンジャモンジャの細くて白い花がたくさん見れることでしょう。(T

やっぱり、会話はしてみるものです

2015年4月15日

   

 荒れてますね…いやいや、お天気が。朝から雨が降ったかと思ったら晴れ間がのぞき、すぐに雲がのしかかり、仕舞には雷やミゾレまで…。大変です。しかし、そんな一日でも、朝から多くのお客様に来館いただき、バタバタと忙しい一日になりました。
 そんななか、午前中に団体でお越しのみなさまからを叱りをいただきました。「こんな素晴らしい施設があっただなんて、ちょっとここは1時間程度じゃ見れないじゃない! なんとかならないの?」さすがに、団体でお越しの皆さまの時間管理までは…と笑ってお答えすると「じゃあ、その内個人でゆっくりと来ます。」とにっこり一言。天気同様などといってしまうと怒られてしまいそうですが、なんとも面白い会話です。今日はその他にも、本館で実施中の収蔵品展の説明をさせていただいていたら「すごい。斎藤真一さんの絵画や、鍋井克之さんのものまで…なんで、こんなに素晴らしいものが揃っているの? まるで、都心部の美術館の品揃えじゃないですか。こんな地方の小さな文学館で見ることができるだなんて…感動しました」との一言もいただきました。
 ここに来るまで、美術や庭園などあまり興味もなかった小生ですが、来館される皆さまからの一言二言によって、自身の恵まれた境遇に気付かされます。まったくもってありがたいことです。(S)

文庫の一員

2015年4月13日

 無事に根付いてくれたようです。剣スコ一丁で竹やら藤の根がいっぱいの地面に穴を掘り、いただいた山椒の苗木を植えていた遠く離れた都会育ちの職員の苦労が新芽となって報われました。三本とも実山椒の木、たくさんの実をつけてくれることを楽しみにしています。一滴文庫産として商いするのもありでしょうか。雑草と間違われて刈り取られないように手入れをしてやらねばなりません。
 少し、苗木の間隔と横の植木の間隔が狭いのが気になります。ここはひとつ、心を鬼にして一本抜き取りますか。もちろんその一本は大切に我が家で育てます。日記での本気いっぱいの戯言ですが。(u)

名残惜しいことですが

2015年4月12日

 本日も、多くのお客様に恵まれた一日となりました。さすが桜の季節(しかも晴天)! しかし、こんな一日は長くは続きません。明日は雨の予報。名残惜しいことですが、どうやら残った桜の花びらもあと余命いくばく。一眼レフの高そうなカメラを片手に、本日お越しのお客様も「今年は、一番の見ごろの日が雨で駄目。今日も良いけど、写真におさめるには遅すぎるし…、これは来年に期待かな?」と、すでに一年後の予定が頭のなかを駆け巡っているご様子でした。まぁ、プロでもなくマニアでもない、ましてや適当な性格の小生からしたら、こんな散りかけの桜も一興とばかりに本日も人形館前の桜を写真におさめてみました。どうです、それなりに見えるでしょ。(S)

桜の花びら

2015年4月11日

 小雨が降り、肌寒い一日でした。
 
満開だった桜も散り始めましたが、文庫の桜はまだまだ見頃ですので見に来て下さい。写真は大飯中学校脇の桜並木道です。先日も登場しましたが、アスファルトの道路が桜の花弁で化粧され、たいへん綺麗だったので写してきました。一滴文庫を目的に、和歌山県から来館された団体様が、花盛りの文庫を見れて良かったです!と喜んでおられました。(T

後悔のヒ

2015年4月10日

 人の願いなど聞く耳はどこにもありませんとばかりに、半ば強引に撤去した薪ストーブでしたが寒いです。こんなにも花冷えが続くなんて思いもしませんでした。しばらくはエアコンの暖房でしのいでもらいますが、なんだか味気ない暖かさ。私はといえば、寒さにうずく膝の古傷をさすりながら、足元にしっかりと小さなファンヒーターを抱えています。その辺はぬかりはありません。(u)

一滴文庫花盛り

2015年4月9日

 久しぶりに良いお天気の一日となりましたが、肌寒かったです。
 
一滴文庫は山沿いで他所に比べ少し寒く、桜も咲き始めるのが少し遅いこともあって今が一番綺麗です。文庫はそんな桜だけじゃなく、何種類もの椿、雪柳、サンシュユ、水上先生が瑞俊院から頂いてきたボケの花などの色とりどりの花が咲き始め、豪華な花束の様な庭になっています。今、開催している若州一滴文庫収蔵品展も見応えのあるものとなっていますので是非、見に来て下さい。(T

文庫という場所

2015年4月8日

  

 新年度も早一週間が過ぎ、ボチボチ切り替わった頭とともに、劇場ホワイエの展示も替わっております。
 本日より、くるま椅子劇場ホワイエにて「佐竹美香展」開催です! 嶺南地域を中心に活動されている佐竹さんですが、これまで熊川宿などでの個展を経て、一滴文庫くるま椅子劇場ホワイエでの今回の展示に進出。活動的です。
 ここ一滴文庫での展示期間は一カ月半くらいですが、できれば、ここを皮きりに様々な方々と新しい繋がりをみつけて、どんどん発展していってもらいたいです。そうです、一滴文庫は「人と人との出会いの場」という役割を担っております。そんなわけで、皆さまにはどんどん文庫を活用していもらいたいものです。(S)