後悔のヒ

2015年4月10日

 人の願いなど聞く耳はどこにもありませんとばかりに、半ば強引に撤去した薪ストーブでしたが寒いです。こんなにも花冷えが続くなんて思いもしませんでした。しばらくはエアコンの暖房でしのいでもらいますが、なんだか味気ない暖かさ。私はといえば、寒さにうずく膝の古傷をさすりながら、足元にしっかりと小さなファンヒーターを抱えています。その辺はぬかりはありません。(u)