3月2018

暖かくなる

2018年3月8日

    今日は朝から雨降りで、風が強かったです。風は強かったのですが暖かく、庭のトサミズキ、サンシュユ、梅や杏子も蕾を開かせ始めました。写真は本館前の梅で、最近まで蕾だったのが遂に咲き始めました。
    お昼頃、京都学園大学の生徒4名と引率の先生1人が文庫を見学に来ました。過去に「おおい町学生まちづくり政策コンテスト」のプレゼンテーションに参加して、おおい町と交流した経験のある大学だそうです。おおい町が生んだ作家水上勉の残した一滴文庫を見学し、文庫に何か地域PRに役立つことはないかを熱心に見学し、探して行かれました。ほか自家用車で遠方からお越しになったお客様で文庫は賑っていました。(T)

スイセン

2018年3月7日

 スイセンがたくさんの花を咲かせています。スイセンのほかにも、春の花が蕾を膨らませ始め、いよいよ春の到来といった感じです。いつになったら暖かくなるのと不満を言うのは人間ばかり。自然に見習いたいものです。(u)

次へ

2018年3月5日

 本日で企画展「禅と日本文学」も無事に終了です。会期中には、多くのお客様にお越しいただきましたこと、衷心より御礼申し上げます。なかなかに大きなテーマということで、開催直前まで悩みどころ満載の展示でしたし、開催中にも多くの誤植と向き合う日々となってしまいました。しかし、調べれば調べるほど興味深い事実がでてきましたので、これを機に次の企画展(幕末明治福井150年展)に今回の成果を反映させていきたいですね。

 おっと、しかし、その前に明後日から始まる「水上勉と渡辺淳 竹紙で遊ぶ二人展」も小生の担当でした。まずはそこからですね。(S)

飛行機雲

2018年3月4日

    3月に入り昨日、今日と良い天気が続いています。快晴の空を眺めていると青い空に飛行機雲がくっきりと浮かび上がっていました。雲の先には小さな飛行機もみえました。ジェットエンジンが4つある旅客機のようでした。一滴文庫の上空には飛行機の航路があるようで、時々空を見上げると見かけることがあります。真っ青な空のキャンバスに描かれた一筋の白い飛行機雲は気持ちの良いものです。(T)

梅だより

2018年3月3日

 いい塩梅に梅の花が咲き始めています。人間同様、歳を重ねるにつれこじんまりとしてきましたが、白いきれいな花を咲かせています。ただ、残念なことは、あまり実を付けなくなってしまったことです。花も実もと、もう無理はできません。(u)

お水送り

2018年3月2日

 本日、3月2日は、お隣小浜市の鵜ノ瀬で毎年恒例の「お水送り」の行事が開催される日です。今年は、なかなかに暖かな一日。これは行事日和ですね。数年前に小生がお水送りに参加した時には、雪は降るは、雨はふるは、火の粉は降るは……散々でしたが。

 それでも毎年この日は、お水送り参加前のひと時を過ごしに、一滴の見学に訪れてくれる来館者の皆さまでにぎわいます。もちろん、本日も多くの見学者に恵まれた一日となってくれました。ありがたいことです。(S)

山茱萸(サンシュユ)

2018年3月1日

    竹人形館の前に生える山茱萸(サンシュユ)の蕾が膨らみ咲きそうです。蕾の先に黄色い花弁が見えています。葉をつける前に黄色い花をつけるそうで、別名をハルコガネバナ(春黄金花)とも言うそうです。秋には赤い実をたくさんつけるサンシュユです。一滴文庫にもやっと春がやってきたようです。(T)