4月2016

カエルの鳴声

2016年4月18日

   お天気はくもり空で、心地よい一日となりました。
 ゴールデンウィークも間近となり、近所の水田には水が張られ、トラクターがロータリーを回す音が聞こえてきます。田んぼに水が入ると息を吹き返したかのようにカエルがゲロゲロガーガーと鳴き始め、田植えする時期に入ったことを教えてくれます。近所の田んぼで見つけたカエルを写して来ました。この時期に、聞こえてくるカエルの合唱は心地良いものです。(T

一フジ、見たか

2016年4月17日

 桜の花もまだ散りきらないうちに、藤の蕾が早膨らみ始めました。「今度の竹人形公演のときは満開ね」と楽しみにされましたが、花びらが顔を出した蕾もありますし、今秋中に満開を迎えそうです。
 朝の嵐もどこえやら、日中はピーカンの青空、汗ばむほど(私だけどうやら体温が高かったようです)でした。文庫の木々も芽や花を付けるのが例年より早いようです。今年度もしっかり腰を落ち着けてと思っていたら、頭の上はにぎやかです。(u)

 

ヨモギと地震

2016年4月16日

 昼過ぎからの気温の上昇がものすごい一日。もはや初夏でしょうか。
 本日、文庫では本年最後のヨモギ摘みが行われ、六角堂スタッフがせっせと摘んできたヨモギの仕分け作業をしておりました。と、その横では、連日の九州大地震の速報(友人知人からの)で心ここにあらず状態の小生が、所在なさげにポツリ(あれ、サボってる?)。心地良いヨモギの香りと、心地悪い地震速報との境を心が行ったり来たりしておりました。
 不意に過去を振り返ると、東北の震災の後に福井に移動して、移動した後に九州で大地震……運が良いのか悪いのか? 遠く福井の地からでは、何もできません! というのも歯がゆいものです。何か出来ることはないものか。(S)

竹人形文楽劇「はなれ瞽女おりん」の看板

2016年4月15日

     今年の竹人形文楽劇は「はなれ瞽女おりん」6月18日(土)19日(日)に行なわれます。そのための看板が出来上り、設置しました。チケットの販売開始は4月18日(月)からですみなさま宜しくお願いします。
    
世間で知られている文楽人形は木製ですが、水上勉が創った人形は竹で出来ています。この竹人形を作るために色々な人達から助言や手助けをしてもらい、やっと出来上ったものだそうです。この黒子が動かす竹人形は日本中どこを探してもなく、ここ若州一滴文庫が本拠地です。この機会に水上勉が作り上げた竹人形文楽の世界をご覧下さい。(T

まんりょう

2016年4月14日

 おめでたい木を切ってもいいものかどうか、1mあまりの大きさに成長し、他の木よりひと回りも大きな実をつけ、今にも倒れそうな姿に思案の日々から、ようやく解放されました。庭師の方から「大丈夫」の一言をいただき、伸びた木だけ根元からばっさりと切りました。切ったものはというと、竹の一輪挿しに挿して劇場の入口に飾ってもらいました。赤い実が気分まで明るくしてくれます。ただ、心配なのはこの赤い実がいつまで持つかということです。自然に落ちるのではなく、食われてしまわないか心配なんです。小鳥ならまだしも猿が食べるんです。ひとつずつつまみながらうまそうに食べる姿が今でも忘れられません。その姿は子供の頃のわが身と同じなんですから。(u)

秋山先生

2016年4月13日

 本日、新聞に載っていました。そう、本屋大賞の受賞で沸く福井……ではなく。秋山ちえ子先生の訃報です。
 秋山先生は、ラジオパーソナリティーとして有名な方ですが、水上先生とともに社会福祉活動にも尽力し、その功績は多方面に及びます。新聞の紙面に目を通していると、その略歴が掲載されておりましたが、あれだけ水上先生と共に活動された分野の文言が、ここ福井でも一行もない…。たぶん、記事的には共同通信社(?)からの提供で、そのままというものなのかもしれませんが、郷土の偉人との関わり合いの深い方や分野のこと、少し調べれば気付くはずです。地方紙のレゾンデートルというと、難しいものなのでしょうか。といっても、私がその立場だったら……そんなものは無理と断ずるかもしれませんけどね。(S)

桜からタンポポ

2016年4月11日

    朝方は雨が降り強風が吹いていましたが、午後からは天気も回復して青空となりました。
   
満開だった桜も散り始め、花の間からは若葉が見え始めました。文庫の庭も春の光を浴びて、雑草がニョキニョキと伸びてきました。一緒に黄色いタンポポ(ブタナかも?)も生えていたので写してきました。桜の見ごろが終ると、悩ましい雑草との格闘が始まります。(T

サクラ

2016年4月10日

 今年はどうしたことか、週末は雨に降られることなくお花見日和となりました。先週末から続く文庫を利用された桜イベントも、本日の桜コンサートで無事終了となり、桜の花びら同様、薄紅色にほほを染めてお帰りになりました。気分上々、顔にも出るんですね。
 文庫では次の桜が控えております。まだまだお楽しみいただけます。(u)

お花見の季節ですから

2016年4月9日

 本日、朝一から町内公民館主催のお花見ツアーでどっとお客様の足音が園内に響き、それにつられるように個人のお客様もわさわさと。とても気持ちの良い季節ですから、お客様の足音が絶えないのも納得です。そんな皆様とお話させていただくと「ここに来るまでに佐分利街道の桜を見ていましたが、園内の桜はひときわ色濃いですね。街道と園内と別世界の様です」とのお言葉を大変多くいただきました。そうです、街道沿いの桜とは種類が違い、一味違った様相を呈しています。また、桜だけではなく、その他の草木にも多くの関心が寄せられ「ナンジャモンジャはどれ? 何月ぐらいに見に来ればいいの?」や「山ツツジとミツバツツジは別の種類なの?」などなど、今日も多くの話をさせていただきました。
 しかし、少し気になることもチラホラ。本日お越しの方々、もちろん町内にお住まいなのに、今まで一滴文庫に来たことが無いという人が大多数! 近くにあるということは、いつでも行けるからと思われていたようで……、もったいない! 本日、お越しの皆様は、今回の来館で味をしめたようで、次は藤棚とナンジャモンジャの咲く季節ね! と、次の予定を楽しそうに相談されていました。(S)

アナグマ出現

2016年4月8日

    午後からは小雨も止み陽射しが出て、暖かくなりました。
    庭の満開の桜を眺めていたら植込みの間でゴソゴソしている獣を発見。久しぶりのアナグマでした。土の中に潜むミミズをせっせと探しているようで逃げもせず、写真を撮らせてくれました。このアナグマ美味しい物をたくさん食べているのか太めでした。
    庭のどの桜も開花して大変綺麗です。この機会に一滴文庫に足を運んでみて下さい。(T