怒られました

2021年7月29日

先日のことです。遠方からお越しの仲良し三人組、数十年ぶりの来館ということで意気揚々のご様子。いつものように紹介映像を見てから本館の展示へお進みいただき、しばらくするとお二人だけ竹人形館にお進みになられました。あら、おひとりの方を残されていいのだろうか? と疑問に思いましたが、何らかの問題が発生したご様子もない。そうこうしていると、先に出られたお二人が、園内全体の見学を終わられて、大満足で本館に戻ってこられました。すると、残されたおひとりに「おい、もういいかげん行くぞぃ」とお声をかけられて、奥の展示室から残されたお一人様がひょこッと! 本館を出られる前に、小生を捕まえて「君は、ここの学芸員さんかい? だったら、これじゃいかんよ。こんな良い展示は、もっと広報して多くの人に見てもらわないとダメだ。もったいない。私なんか、ついつい、展示文章の意味やら考えて二回も三回も全文読んでしまったよ。良く考えられた展示だと思う。なのに、2時間以上いて、僕たちの他は、数人来ただけじゃないか。良いものは多くの人に見てもらってこそ意味があるんだ。もっと頑張りなさい」というお言葉をいただきました。口調的には、怒られた感じですが、内容はごもっともなご意見です。本当に、もっと発奮しないといけませんね。

今後、少しでも良くなるように努力します。今しばらくのお時間を! と、いったところでしょうか。

精進精進。(S)