お昼のヒトコマ

2021年7月18日

暑いですね。ですが一滴では、コロナの影響からできるだけエアコンよりも換気と扇風機で暑さをしのいでいる状況です。先日も、六角堂でお昼の御蕎麦を運んでもらうと、スタッフさんがひと言「あっ、ごめんなさい。扇風機の風で上にかけてる鰹節が飛んで、お茶の中に…」。何の他愛もない会話です。

でももし、私が雄略天皇だったら「そこになおれ! 手打ちにしてやる~」というひと言が口からでてくるところですが‥‥‥、気弱な小生の口から出てきたのは「あぁ、別にかまいませんよ」。まだまだです。

うん、どうやらまた迷走しているようです。きっと暑さのせいでしょう。(S)

 

*ウネメ(古代の天皇の身の回りのお世話をする女官ですね)が運んできた酒杯に花びらが入ったのを見つけた雄略天皇は、その場でウネメを誅殺しようとしましたが、その折にウネメが読んだ詩があまりに良かったので、その場で許したという記載が古事記にでてきます。