3月2020

コブシ

2020年3月19日

昨年より幾分か早いですが、文庫のコブシの花が咲き始めました。花は上を向いているので、豊作ということなんでしょうか。佐分利の谷のコブシはまだこれからです。

あと少しで新年度‥‥‥か

2020年3月18日

 3月も半ばに突入して、本年度も残すところ‥‥と、いう感じです。

 色々と、変化の時期ですが、なかなか変化についていけてない気もしますが、新年度に入ると一滴もガラッと変わります。

 さて、どうなることやら‥‥と言いつつ、お客様が少なくて書くネタもない今日この頃でした。(S)

反応

2020年3月16日

 山の上はうっすらと雪景色、朝から霰が勢いよく降り注いだ日。いつもより気分は上々。「白いものが落ちると何でテンションが上がるのですか」と聞かれても、冬に雪はつきものでしょう。雪などお目にかかることのない人のテンションが一向にあがらないほうがおかしいと思うのですが。今年はまだ一回しか雪かきをしていません。冬が静かに終わります。(u)

独占欲を満たすのは、今

2020年3月15日

 ここのところ、日中の閑散具合が徒然草上で語られていますが、まったく日々の張り合いがありません。そんなダレかけの自分に少しでも喝を入れようと、本日ラウンジに展示中の渡辺先生の油彩画を入れ替えてみました。急遽でしたので、全てではないのですがラウンジの雰囲気が一変しているかと思います。

 この機会に是非一滴文庫にお越しいただき、本館ラウンジを心行くまで独占してみませんか。(S)

衝突

2020年3月14日

 朝、茅葺館の縁側の掃き掃除をしていると、鳥の産毛のようなものがまとまって落ちていました。鳥がそこにいたような痕跡。もしかしたらと、目の前のガラス戸を見てみると、鳥がぶつかったようなあとが残っているではありませんか。近くで草取りをしていた職員に聞くと、「ぶつかってそのまま下へ落ちた」とのこと。文庫ではたまに見かける朝の風景。なかにはそのまま天国へもありましたが、今回は無事に意識を回復して飛び去ったようです。そんな場面に遭遇したら回復するまで見てやってください。目を覚ました時の様子は人と同じです。「ここはどこ、何があったの」(u)

人の少ない日の過ごし方

2020年3月11日

 新型肺炎の影響でしょうか、本日一日、館内で見かけた職員と業者さん以外の人数は3人‥‥‥。す、すくない。三月は、毎年多くのお客様が訪れてくれる時期なのに…。一方、人の気配を感じて不意に窓の外に目を向けると、そこにいるのは、お猿さん達。文庫内に人気がなくなると、わっさわっさと我が物顔でお庭を散策しだします。

 あ~、お猿さんも入館者としてカウントできれば、ここも年間数万人の来場者が! てなことになってくれるんですが‥‥‥あっ、そうなると、〇〇万人目のお客さまです! みたいなイベントのときにお猿さんが当たってしまうなんてことも考えておかねば…。景品は何がいいのでしょうか。

 と、お客様が少なかったので、妄想に浸る一日でした。でも、仕事もしっかりとしておりますよ。念の為、そこのところもお忘れなく。(S)

マスクをつけて

2020年3月9日

 県外ですが、お隣の市に新型肺炎の感染者が出たとの報道がありました。それにより、本日からご入館の際には、マスクの着用と手指消毒の励行をお願いすることになりました。なお、マスクを着用されない方や風邪等の症状がある方のご入館はご遠慮していただきます。どなた様にも安心してご見学いただきますよう、ご理解とご協力をお願いします。職員もマスクをしての対応となります。(u)

 

101年の

2020年3月8日

 本日、水上勉先生の101歳のお誕生日です。と、いうことで、本日のイベントをもちまして100年の節目が終わります(企画展は、明日までです)。このような状況のなかでも、多くの方々にお越しいただき会場一同そろってマスクという状況の中でのトーク会でしたが、100年の締めくくりというのにふさわしい会になったのではないかと思います。お集まりの皆さまからは、最後に「とても良かった」というお話をたくさんいただくことができました。

 さて、これで次の節目に向けて、また歩みを進めていかないといけませんね。水上勉生誕百年が終わっても、まだまだやらねばならないことは、盛り沢山です。新型コロナにかかっている暇は、私にはありません。(S)

文庫の初物

2020年3月7日

 文庫庭園の片隅。普段は除草するときしか立ち入ることができず、除草も特に気を使い、機械を使うなんてもってのほか。そんな特別な場所だったことを忘れて足を踏み入れってしまったら、なんと、フキノトウが出ているではありませんか。それも11個。フキノトウなど生えぬ庭だと思っていたら、いつの間に。場所的にみると、ここの管理者が植えたと考えたほうが確かです。不用意に近づけぬ場所ですので、知らぬが仏でよかったとお腹をなでおろしました。もっとも、早く見つけていれば、当然、腹の中へと消えて、知らぬが存ぜぬを通していましたが。(u)

この世知辛い世の中、何が必要かな

2020年3月6日

 本日、いよいよ来週に迫ってきた展示入れ替えの準備で、バタバタと動きまわっておりました。いや、しかし、やっぱり一滴に収蔵されている美術作品は、改めて見てもどれもすごいものなんですね。ここに来るまで、芸術なんて分野、私の頭の中にはまったく無かったのですが(まぁ、美術館は好きで、よく方々に見にいってましたが)‥‥‥人は変われば変わるものです。

 ただ‥‥人が変わるためには、そこに費やす時間と労力が必要ですが。あとは環境(場所)…よりも「やる気」と「好奇心」ですかね。やる気と好奇心だけは、失いたくないものです。(S)