11月2018

良い一日

2018年11月18日

 気持ちのいいお天気、気持ちのいい気温、気持ちのいいお客様、三拍子そろった良い一日となりました。六角堂に立ち寄られたお客様も、お庭の雰囲気についついお時間を費やしてしまい、バスの時間もあるのにと慌ててのお帰りです。

 皆さま、お帰りの際には決まって「良い一日を過ごすことができました」との一言。本当に、良い一日でしたね。(S)

ひとり言

2018年11月17日

 煙突がとりつけれれることなく六角堂に放置されたままでしたが。見かねた親切な方が本来の姿に戻してくれました。錆びてしまった部分の煙突も取り替えてもらってうれしい限りです。昨日、試運転にと火を入れてもらい、煙もきれいに立ち上りました。と、そこへ思わぬ来訪者があり、私を見て感激の言葉を発しておられました。フランスの方とのことで、言葉は全くわかりませんでしたが、その様子からすごく感じたんです。薪ストーブ冥利に尽きます。今年は何人の方が心を温めてくれるでしょうか。

蛾(ヤママユ科)

2018年11月16日

    今日はどんよりした曇り空のお天気で朝方は寒かったです。
    朝から写真の蛾が文庫の玄関さきに停まっていました。とても大きな蛾で暖かそうな毛皮をまとっていました。昆虫図鑑で調べてみると、ヤママユ科に属する蛾で、自然がある程度残っている場所にしか見られなくなった蛾だとのことでした。一滴文庫の自然の豊かさのあらわれです。この蛾の繭から穫れる糸は「天蚕糸(てんさんし)」と称され、緑色の絹糸は普通の絹よりも高級品として取引されているそうです。渡辺淳先生の絵にもよく登場する蛾ですが、自然の豊かさを象徴するこんな蛾だったのかもしれません。(T)

感慨深い

2018年11月14日

 何だか感慨深いです。

 本館でお客様とお話していると「隣の萱葺館は、どうしたんですか? 昔、まだ一滴文庫が竣工してすぐくらいに来たことがあったんですが、あの萱葺はとても雰囲気の良い場所だったことを覚えています」とのお言葉をいただきました。現在、萱葺館の工事が進んでおりますが、一歩一歩進んでいく工程にそのお客様は感慨深さをおぼえ、私は期待と不安(笑)をおぼえます。

 よく渡辺淳先生が「萱葺館の雰囲気はとても良くて、一番落ち着ける場所だったなぁ」といわれていたことを思い出します。そんな場所に再び! という強い気持ちと、渡辺先生とお話していたときの思い出とで、何だか本日とても感慨深いんです。(S)

火鉢

2018年11月12日

 その昔、文庫で使われていた火鉢だそうです。直径60㎝、今ではなかなか手に入るものではありません。いただいては見たものの、湿気で灰は固まりカビ臭さは半端なく、お日様を頼りに日干しの毎日です。先日の練炭といい、懐かしいものばかりがでてきます。次はいったい何でしょう。火鉢には普通の格好は似合いませんね。(u)

茅葺館改修工事

2018年11月11日

    今日も朝から良いお天気の一日となり気持ち良かったです。
   先日から、本館の隣に建つ茅葺館の改修工事が始まりました。敷地には立入禁止の鉄柵が置かれています。毎日眺めてきた茅葺館は、日ごとにボロボロになっていき見ていて心許なかったのですが、やっと改修工事に入りました。外見は元の様な茅葺に生まれ変わることになりました。茅葺館脇のモミジの木も紅葉し始め、美しい庭園の時期になってきました。(T)

着々と

2018年11月10日

 皆さまお待ちかね、「渡辺淳画集」の制作もいよいよ大詰めの時期に差し掛かってまいりました。本日、予定していた全ての絵画の写真撮影も無事に終了し、予定通りに着々と工程が進んでいることを実感しております。水上勉先生の生誕百年を記念して発刊する「渡辺淳画集」です! 心待ちにされている方も多いかと思いますが、今しばらくお待ちください。完成に向かって、着実に進んでおります。(S)

色濃く

2018年11月9日

 文庫の紅葉をお伝えしてから20日あまり。イロハモミジの1本が真っ赤に色づきました。他の木々はてっぺんを染めはじめたばかりで、まだ見頃とは言えません。近年は色づく前に枯れる葉も多く、お世辞にもきれいと言えなかったことを思えば、今年はまずまずかと。テレビで映し出されていたモミジの天ぷら。おいしそうでした。(u)

飛行機雲と送電線

2018年11月8日

    今日は、朝から快晴のお天気となり真っ青な空が広がりました。その青い空に一筋の飛行機雲がありました。バスでお越しになった団体客の中の一人のご婦人が、空を仰ぎ見て「珍しいわね~飛行機雲がこんなにいっぱい見れるのなんて!」と喜ばれていたのですが、一筋の飛行機雲以外は山を越える送電線でした。脇に居たお友達の方が「あんな等間隔の飛行機雲なんて有るわけないでしょ!」と言われて、お気付きになったご様子でした。確かに、一滴文庫の周囲には飛行機雲と見間違うほどの送電線が張り巡らされています。また、上空には飛行機の航路がある様で頻繁に飛行機雲を見ることができます。文庫は電気と飛行機の行き交う様子を眺めることができる場所でもあります。(T)

今日も日が暮れる

2018年11月7日

 本日、また朝から一滴のシステムダウン‥‥‥。このネット社会のなかで、まるで孤島に流されたかのような一日(メールもネットも、書類も全部ダメです)。これは仕事になりません(笑)。

 超がつくようなアナログ施設のように見えますが、一滴文庫もしっかり現代社会のモノですから。なかなか大変な一日でした。しかし、たとえシステムがダウンしても、いつもと同じく日が暮れて、今日もこれで閉館です。(S)