ひとり言

2018年11月17日

 煙突がとりつけれれることなく六角堂に放置されたままでしたが。見かねた親切な方が本来の姿に戻してくれました。錆びてしまった部分の煙突も取り替えてもらってうれしい限りです。昨日、試運転にと火を入れてもらい、煙もきれいに立ち上りました。と、そこへ思わぬ来訪者があり、私を見て感激の言葉を発しておられました。フランスの方とのことで、言葉は全くわかりませんでしたが、その様子からすごく感じたんです。薪ストーブ冥利に尽きます。今年は何人の方が心を温めてくれるでしょうか。