10月2017

ピカリ!

2017年10月19日

 本日は、朝一から会議に出席。何の会議かというと、月に一度町内の文化や観光関連施設の若手(?)が集まって、何か連携してできることはないだろうか! というものすごく建設的な会議です。もちろん集まった人たちはやる気満々、気力みなぎる、才気煥発……そんな言葉が似合いそうな、いづれもピカリと光る面々。そんな集団の末席に参加させていただいております(私、あんまりピカリとしておりませんが)。
 そんなみなさんを傍からボーっと見ておりますと(「おいおい」って怒られそうですが)、何だかこの町の未来は明るいのでは? なんて、自身の他力な本性が見え隠れしてきます。自灯明、法灯明などという言葉もありますが、私にはまだまだピカリとくる日は、遠そうです。

猫柳

2017年10月18日

 今年の3月、物は試しにと、家に持ち帰り挿し木にしておいたネコヤナギが無事根付いたので、文庫の庭に植え替えました。うっすらとピンク色に色づいた花穂らしきものも顔を出しています。畑の土にブッスリと挿しておいただけなのに生命力の強い木です。田んぼのような土の中で大きくなったので、造成した文庫の庭土に合うかどうかは分かりませんが、新しい庭の一員として大きくなってほしいものです。新参者が入る日当たりのいい場所は満杯になったためこの場所となりました。申し訳ないですが、左に映る桑の木には近々退散願おうかと思います。(u)

黄色い石蕗(ツワブキ)の花

2017年10月16日

    小雨降る一日でした。
    黄色いツワブキの花が庭のあちこちで咲き始めました。今、庭の花が少なくなる時期で、このツワブキが今一番綺麗です。いつの時期になっても文庫の庭に花が絶えないようにと水上勉は考えていたようです。このツワブキが枯れ始めると、タンポポの様な種をたくさんつけて、そこらじゅうに飛ばします。そのため黄色いツワブキが庭に増殖しはじめました。
    午後から、滋賀県長浜からの団体様や近隣のお客様が訪れ文庫は賑いました。(T)

業(わざ)

2017年10月15日

 流石、秋の行楽シーズン!
 本日の午前中、予定していた団体さんの前に、急遽別の団体さんがご到着。
 あらヤバイ、重なった。と、慌てるべからず。人数の関係から、最初にご到着の皆さまは本館から竹人形館、そして劇場というコース。次にご到着の団体さんは劇場から本館、そして竹人形館というコース。心配していたバスの乗り間違いや靴の取違いなどほとんどなく、意外に上手くいくものです。一時にあれほどの密度をえた園内ですが、帰りがけにはいつもの「こんな素晴らしい場所があるなんて」や「時間が足りない」といったお言葉を聞くことができ、皆さまには満足していただけたご様子でした。
 まぁ、これもスタッフの協力体制の充実のなせる業でしょうか(笑)。(S)

茶の花で

2017年10月14日

 「チャ」と書いた立札にいったい誰が気づきましょうや。もちろん、「チャ」という新種の植物ではなく、「茶」の木なんですが、茶葉をとるでもなく、適度に剪定という名の刈り取りに合うのか、ほぼ同じ大きさで、そこで生きています。毎年いくつかの花を咲かせますが、花の咲く向きで雪が多いか少ないかの言い伝えがあることをご存知ですか。今年は下向き、蕾も下向きに多くついています。多いか少ないか、気になる人は調べてみてください。カメムシの大量発生注意も出ていましたし、次はカマキリが産む卵とモズのはやにえで考えてみましょう。花や木を愛でるだけの庭ではありません。(u)

落葉

2017年10月13日

    午前中は雨、午後からは曇り空のお天気でした。
    最近きゅうに寒くなり、朝起きるのが億劫になってきました。
    朝庭掃除をしていると庭の落葉が増えてきたのを感じています。今朝は雨のためわずかばかりしか掃き取れませんでしたが、庭中の落葉をかき集めるのはなかなか大変です。竹箒で掃いて綺麗になっても喜びもつかの間で、風が吹くとどっさり落葉が落ちてきます。仰ぎ見ると樹木には茶色い葉がまだたくさん付いていて思いやられます。落葉との戦いがしばらく続きそうです。(T)

満足度日本一

2017年10月12日

 本日お越しいただいた団体の皆さまをご案内しておりますと、チラホラと耳に入る微かな音。「すごい、良いところやね。こんな場所に連れてきてもらって、今日はラッキーだね」「でしょ、推薦した私も鼻が高いわ」などなど。十数名で嶺北からでしたが、おおい町方面に行くのなら、どうしてもお友達の皆さんに一滴文庫を見てもらいたかった(推薦者談)とのことでした。でも、皆さんの反応を見ていたら「よし、推薦してよかった」と確信しているご様子。こちらも、皆さんの反応が良くてよかったです。
 そのうち、満足度日本一というどこかの家電量販店さんと同様の垂幕でも掲げさせてもらいましょうかね……もちろん冗談ですよ。(S)

一滴文庫の皆様へ

2017年10月11日

 先日、学校の授業で文庫の見学と竹紙漉きをしてくれた地元の小学校2年生の子供たちから、お礼のお手紙をいただきました。それも絵や色できれいに仕上げて、一冊の本にまとめてくれていました。みんな、見学と竹紙漉きのことをいっしょうけんめい書いてくれていましたが、うれしいことに、どんぐり拾いのことを書いてくれていた子がいたんです。授業のなかには入っていなかったことなのに、よくぞ書いてくれました。先生もよくぞ書かせてくれました。文庫はお勉強だけではないんです。さて、次も文庫のことは学芸員にまかせて、一緒に遊ぶことを私の役目といたしましょう。(u)

忙しさのなかでも

2017年10月9日

 本日も朝から大入りです。こんな日は「満員御礼」の札でも入り口に掲げさせてもらいましょうか……などと、ちょっと不埒な考えが頭をよぎりつつ過ごした一日。

 ですが、仕事の方はしっかりとこなしております(たまに妄想に走る時間も作りつつ)。次回展示の準備を着々と進め、来年度の計画も練りあげ、後半イベントのために劇場の座布団干し、そしてお客様との楽しい会話(笑)。どうです、仕事しているように見えるでしょ(字面的には)。(S)

おやつに柿

2017年10月8日

    今日は一日快晴のお天気で、暖かでした。
    今年は山に餌が豊富なのか、庭の柿(田主丸産)が猿たちにあまり荒らされず、口にすることが出来ます。スタッフが食後のデザートやおやつにと時々出してくれ、美味しい柿を頬張っています。庭木が葉を落とし枝ばかりとなってきました。どの枝の先にも赤トンボが停まっていて秋の風情となってきました。
    今日は兵庫県、大阪、越前市など遠方からのお客様や、近隣のお客様が引っ切り無しに来館され、一滴文庫は賑いました。(T)