クモの糸

2017年9月4日

 青空をただ写したわけではありません。よ~く、よ~く見てください。右上の百日紅のから左下の椿にクモの糸が2本かかっているんです。青い空にちょっと背伸びをしてみたら、銀色に輝く糸が目に止まりました。園路を挟んでどんな大きなクモの巣を作るつもりでしょうか。人もそうですが、動物たちも文庫は居心地がいいんですね。人の存在などどこ吹く風、それぞれの世界を楽しんでいるようです。
 庭園の散策はご自由にしていただいて構いませんが、木々の間を抜ける際はご注意ください。クモの糸をお持ち帰りいただくことになります。(u)