またまた雪

2013年2月8日

 

 

 

 今年は雪が少なくて良い年だ!と心の奥底で思っていたのに、今朝起きるとまた真っ白な雪国となっていました。文庫の雨樋からは、長い氷柱が何本もぶら下がりました。なんどこんな思いをさせられるのやら、春は近づいたり、遠ざかったりです。
 くるま椅子劇場の竹薮にも雪が降り積もり、普段とはまた違った、厳かさを感じ写してきました。水上勉が、頭に思い描き創った竹林を背景にした舞台は、どの季節に見てもいいものです。(T)