講演会に思う

2013年5月19日

       
 本日は、25年度企画展を記念した講演会が行われました。講演会の様子は、翌日以降の徒然草に譲るとして、老若男女、町内外に国内外から、たくさんのお客様にお越しいただきました。講師である島田正治氏の交流の深さ、広さ、お人柄のすばらしさがわかりました。
 私事になりますが、前職場でのスポーツ仲間が行っている大会へ6年ぶりに訪れる機会ができ、最初は応援だけの参加が、いつの間にかメンバーに。自己都合で身を引いた者を他のチームが快く迎えてくれたのですが、どこかに試合をしたいという気持ちがあったんですね。半日だけでしたが、久しぶりにいい汗を流すことができました。固い握手で次の大会での再会を誓うことになりましたが、良き思いと一緒に残った筋肉痛との付き合いをどうするか、今は自分の身を案じています。
 いくつになっても覚えていてくれて、どこにいても気を使うことなく付き合える。仲間っていいものですね。(u)

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です