一滴の広がり

2013年5月15日

 暑さで頭が沸騰してしまいそうな一日、つい先日まで肌寒い日が続いていたのに、ビックリするほどの変わり様です。でも、そんな暑い日に嬉しいお客様に来館いただきました。現在、企画展として開催中の『島田正治展』の見学にお越しいただいたお客様ですが、文庫には初めて来館されたようで、「こんなすごい施設とは思いませんでした」と一言。帰る予定の時間をギリギリまで延長して、文庫を堪能していただきました。しかも、文庫運営の趣旨に賛同いただき、賛助会員の登録まで………。
 一滴文庫の思想から広がる繋がりという一滴(ヒトシズク)が、水面に広がる波紋のように、どこまでもどこまでも強く、そして深く皆様に認識されていくことは、そこに携わる人間として本当に嬉しいかぎりですね。(S)

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です