?る 真っ盛り

2013年2月2日

          
 一字違いで大違いとは、こういうことなんでしょうね。
 猿はといえば、寒さが和らぎ、雪もすっかり解けたのをいいことに、わんさか田畑に湧き出して、菜っ葉くわて好き放題。春はといえば、暖かさに誘われて、マンサクの黄色花びらがわんさか湧き出して、空にむかって咲き放題。待ち望むものより、待ち望まぬものが先に来るのは世の常、春が来るまで猿との付き合い、まだまだ続きそうです。眺めていると結構おもしろいのは確かですが。(u)
 

 

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です