ありがとうございました

2021年6月14日

一ヶ月間なんて、長い長いと思ってました。でも、あっという間でした。盛況だった「藤田京子展」と「ふたり展」、先日無事に終了しました。今回の展示は、長丁場と思っておりましたら、時間が矢のように過ぎ去っていきました。でも、その速さとは裏腹に、沢山の思い出や出会いをつくっていただいた企画だったのではないかと思っております。それというのも、やっぱり、出品者皆さまのお人柄! 昔、淳先生が「絵には、その描く人の人柄が映りこむもの。秋野不矩先生(淳先生が敬愛していた日本画の大家です)の絵には、絵を描く前の人柄が映りこんでいる」と、言われていました。今回の茅葺きと劇場ホワイエで展示されていた絵にも、その描かれる前の人柄を感じることができたように思います。なので本当に、楽しい展示だったと感じることが出来、多くの新しいお出合いをいただくことができたのだろうと思います。感謝しっぱなしの一ヶ月間でした。(S)

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です