どんなお話がお好みでしょうか

2021年6月19日

先日、名田庄図書館さん主催の郷土歴史講座「『古事記』から読み解く名田庄の歴史」と題しまして、1時間半の出前講座を行ってまいりました。会場は、定員15名と聞いていたのですが、集まってくれたのは20名を超える人数となってしまい、ちょっと密を気にしてしまうほどでした。

ですが、皆さま熱心に聞いていただき、こちらとしても大変勉強になりました。

講座の最後にちょっとしたアンケートを取らせていただいたのですが、ちょっと予想外の結果に!

なんのアンケートかというと、今後文庫で「古典文学を読む」的な簡単な教室でも開こうかともくろんで、その下準備に皆さまどのような古典だったら参加してくれるかな? 的なアンケートだったのですが…。予想を反して、ゲーテやダンテが一番票を集めてしまいました。

あっ、日本文学ではないのね…(笑)。

もちろん水上文学でもいいのですが、まずは導入として古典文学もいいものです。

どなたかご意見あれば聞かせて下さい。(S)

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です