気が付くと

2021年8月11日

暑い暑いと目線を太陽からそらして過ごしておりましたが、不意に上方を見上げると、なんと目の前には百日紅のピンク色の花が咲いているではありませんか。すっかり忘れていましたが、この時期、緑一色の一滴庭園を彩ってくれる数少ない夏の花です。なんだか、無性に心がなごみます。そして、百日紅といえば水上作品の『五番町夕霧楼』ですね。あえて内容にはふれませんが、百日紅と水上文学‥‥‥深いつながりがあるのですが、その辺はどうぞご自身でお確かめください。

これから、お盆を迎え、秋口になり、いよいよ読書のシーズンですし、秋の夜長に一冊のおともを! 今から目星を付けておくのもいいものですよ。

そしてもちろん、今回の小生のお勧めは『五番町夕霧楼』ですね。(S)