縁起物

2014年4月7日

 春の暖かさにジッとはしておられず、いつのものかわからない傾いた3段ボックスの処分を兼ねて、置いてあるものの整理を始めたところ、棚の奥に眠っていたヤモリとご対面となりました。守宮(家守)と書かれ、縁起のいいもののようですが、いるとわかったら、やっぱり気持ちのいいものではありません。お住まいだった建物の今後を気にしながら、外に出てもらいました。ヤモリを見かける家も少なくなったとか。いいことなのか、悪いことなのかわかりませんが、見かけるたびに少し安心するのはなぜでしょう。文庫のせい?年のせい?(u)
 桜のあとですのでヤモリの写真は省きます。