見るもよし食べるも?

2014年10月27日

 バケツの中に見慣れない木の実をつけた枝が差し込まれていました。もうしばらくすると文庫のどこかに活けられるのでしょうが、見るだけではもったいないような木の実です。ひとつふたつ取るだけでは猿のせいにはできませんので、ここは活けられるのを待つことにします。
 文庫に飾られている季節の花々、女性スタッフの心遣いは欠かされることはありません。(u)

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です