ナンジャモンジャの苗

2013年6月3日

 

 

 

 

 快晴のお天気で風もあり過ごし易かったです。
 白い雪が積もっているかの様に花を満開に咲かせていたナンジャモンジャが終わり、茶色くなった花弁が地面を覆っています。そんなナンジャモンジャの木陰で、草むしりをしていたらツツジの繁茂した葉っぱの根元に、いっぱいナンジャモンジャの発芽した苗らしきものを見つけて、皆の話題となっていました。まだ小さくて、成長したら雑草だったら困るので、苗の何本かを植え替えて育ててみようという話しになりました。もし上手くいったら、来館するお客様に分けたいと思っていますので、その時まで楽しみにしていて下さい。小さな生命を育て、大きくするのは楽しみなことです。きっと心の実りももたらしてくれるのではないでしょうか。(T)

 

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です