遠足今昔

2013年5月2日

 雨と低温で順延となった遠足が今日は無事行われました。文庫へも隣町の高校生が朝早くから訪れてくれましたが、今のご時世なんでしょうか、車での付き添いが必要なんですね。文庫から眺めるのどかな田園風景の中、お揃いの運動着に身を包んだ小さな集団も遠足を楽しんでいましたが、ここでも集団の先で車を止めて見守っていました。
 相当昔の高校時代になりますが、遠足といえば、自分たちで行く先を決め、ひたすら歩いて目的地に着いたものです。山の中を進んだこともありました。
 無事に終わることが一番ですが、せめて自然の中みんなで楽しんで歩いてほしいものです。目的地は、もちろん一滴文庫。(u)

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です