進化論

2013年4月12日

 朝、清々しく出勤してくると、足元には最近綺麗に生えそろえていたはずの苔の残骸が…。えっ、残骸?
 なんということでしょう。昨年秋過ぎあたりから、園内の足元には緑の絨毯が敷き詰められているような光景が広がるようになり、お客様からも「手入れの行届いたお庭ですね。綺麗に苔が生えて、雑草もほとんどない。居心地の良い空間ですね。」と褒められることが多い自慢の庭園でしたが、一部ですが無残にも苔がむしり取られていました。
 犯人は、どう考えても、最近よく見かける動物(サル、キジ、アナグマ←たぶん、特にこの子だと思いますが)の類です。こんな状況をみてしまうと、ちょっとがっかりです。特に、あのサルの生意気な顔(笑)ときたら、「捕まえられるものなら捕まえてみろ」とでも言っているようです。進化の過程で枝分かれした日本ザルですが、どうやら我々ホモサピエンスとは相いれないようです。これらの動物(もちろん人間も含めて)、ダーウィンの進化論からすると「生物は不変のものではなく、長い時間をかけて変化し、すべての生物はその過程のなかで生まれた。」となっていますから、この一滴文庫の環境も含んだ日本という大自然のなかで生きるためにフテブテシク(笑)進化してきたのでしょうか?
 そういえば、ダーウィンの進化論といえば、お雇い外国人のモースが日本で学生に進化論の講義をするのに平日は時間が取れないからといって、日曜日に進化論についての授業を実施しようとしたら、他の外国人講師から「そんな進化論なんて悪魔のような授業(なんで進化論が悪魔のような授業なのか書くと長くなるので、知りたい人は是非一滴文庫にお越しいただきSを捕まえてください。こちらはすぐ捕まります。)を神聖な日曜日にするなんてとんでもない!断固中止すべきだ」との抗議を受けたらしいです。この時のモースからみたら、抗議をしてきた同僚の講師の顔はどんなにフテブテシイものにみえていたんでしょうか。
 人間やサル、もちろんキジやアナグマも同じようなものですね。可愛らしいものです。(S)

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です