展示がどんどん完成に向かって

2021年7月16日

本日、お客様とお話させていただくと、どうやら今回の企画展を気にいっていただけたようでした。特に、今回の会場配布資料が良かったと言っていただきました。文学者たちの水上先生との繋がりが新鮮だったとのこと。そのお客さまも、昔から水上文学のファンで、色々な本は読んでたけど、知らないことばかりだった! と、若干興奮気味で教えていただきました。そして、できれば今回展示している各文学者の言葉を、今回のオリンピックにあわせて、もう一度それぞれの新聞に掲載すれば面白いのに! というご意見までいただくことができました。確かに面白い案です。半世紀以上前に行われたオリンピックと今回のオリンピック、表面的には全く別物に見えますが、今回展示している文章をよんでみると、意外に同じ問題を抱えているなかでの開催だったんだと気づかされます。

今回、展示を構成しましたが、展示期間中に来館いただいた皆様との会話で、色々な新発見をさせていただいております。これも大きな展示会場で行う特別展などとはまったく違う、一滴文庫ならではの楽しみですね。(S)

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です