一滴水没事件

2021年7月9日

連日、新聞の紙面上では熱海の土砂災害の記事が大きく取り扱われていますね。しかし、全くの他人事と切り捨てられないのが昨今の日本の状況です。先日も、おおい町でかなりの大雨が降りました。幸いなことに、その折にはちょうどお客様の影も園内にはなく、問題もなく1時間程度で雨は上がった……と、思いきや! なんと、長屋門周辺が水没しているではありませんか。これは、入ることも出ることもできない状況です。深い所では、小生のくるぶしあたりまで水が来ているようです。しかも、受付正面の喫茶室と倉庫が床上浸水(床といっても、三和土の土間なんですが)してしまい、床に直置きの段ボール類が全滅してしまいました。どうしたものやらです。

さて、これから、梅雨の晴れ間がやって来るのを心待ちにして、水浸しになった場所を少しでも早く乾燥させてあげないと、カビがルンルンしてしまいますね。

あ~もう本当に梅雨は嫌だ!(S)

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です