しばらくはここで

2017年7月2日

 シャガには悪いですが、明るくて鮮やかで暑い季節にはいいものです。ヒメオウギズイセンが咲き始めました。もともとはシャガの地でしたが、一度きれいにしたあとに、文庫の別の場所で咲いていたものをここに少し移したら、シャガに隠れてわずかに残っていた株といっしょになって、ここまで大きくなってしまったようです。シャガはというと、もともと日当たりは好まないので、藤棚な木陰に場所を移して育っています。日当たりのいい場所とそうでない場所と、うまくすみ分けています。
 さて、「草も花の仲間です。大事に育てて」というわけにいかなくなってきました。庭で雑草が生い茂っているのはここだけ、ぼちぼち草取りをしなくては。(u)

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です