10月2021

特別展! 本日で終了です

2021年10月31日

早いもので、もう10月も終わりです。ということで、本日で茅葺館で実施しておりました特別展「写真と映像で振り返る水上勉展」も終了です。本展は、今年の帰雁忌の目玉のひとつとして公開したものですが、これがなかなか良い反響をいただきました。「面白かった。写真からもいろいろな情景が伝わってきた」とか、「久しぶりに渡辺先生のお姿を拝見できました。やっぱり、お話に引き込まれて、ついつい全部見てしまいましたよ」などなど、ご意見届いております。しかし、一方で残念だったのは、会場に設置しておりました「たまづさ」に、感想が……二通だけ。あれだけ、色々な人が声をかけて「良かった」と言ってくれた割には、なんだか少ない。もう少し、皆さんが「何か書いてみようかな」と、思える演出が必要だったみたいですね。こちらは、次回以降の課題です。(S)

ブンナと娘と水上先生

2021年10月28日

本日、朝から夕方まで三つの団体さんがお越しになられました。少しづつ時間がずれての御到着でしたので、そんなに混乱もなくスムーズな見学をしていただけたかと思います。

さて、そんななかで、おひとりのお客さまから「『ブンナよ、木からおりてこい』は、まだ販売されていますか?」とのお問い合わせをいただきました。もちろん、まだまだ人気の書籍ですので、「あります」と、応えさせていただきましたら、本の購入と、ブンナにまつわる思い出をお話いただきました。

もう、今から40年以上前のことらしいのですが、ご自宅の近くで水上先生のご講演があり、娘をつれて聞きに伺ったとのこと。会場で娘に『ブンナ』を見せていると、水上先生が近づいてきて「娘さんには、よくよくこの本を読んであげてください」と、話しかけてくれたとのことでした。その時の感動もあり、娘さんは『ブンナ』の本が擦り切れるほど、何度も何度も読んだとのことでした。そして、ある年に読書感想文のコンクールでそのブンナのことを書いたら、県知事賞をいただいたとのことでした。

そんな思い出の本ですが、一滴なら販売しているかもとの期待もあり、お声をかけてくれたそうです。うれしいお話と本の購入、本当にありがとうございます。

ぜひ、次にお越しの際には、その娘さんとご一緒にお越し下さい。(S)

明日は帰雁忌

2021年10月22日

本年も、この時期になってきました。10月の第4土曜日は、水上先生を偲ぶ帰雁忌です。今年も、例年のような式典など密になる企画はできませんが、劇場では葉風会の皆さまによるお琴の演奏(10時30分~11時30分)、本館では渡辺淳展、茅葺館では水上勉特別展と、見どころ満載な一日となっています。

明日の帰雁忌は入館無料ですので、皆さま奮ってご参加ください。(S)

見学に際してのお願い

2021年10月18日

本日、朝一でお越しになられたご家族の皆さまから、「この施設は、すごい! ステキ」とのお言葉を頂きました。どこの施設も、基本的には画一的なもので、なかに収められている美術品で、それぞれの違い(個性)を出そうとしているのに、ここは施設全体に個性が感じられるとのことでした。木材の一本一本にいたるまで“ここにしかない”という命のようなものを感じる! とも…。とてもうれしい、ご感想でした。

文庫は、基本的なコンセプトが、他の施設とは異なります。ですので、ご見学に来ていただいた人には「ここは美術品も素晴らしいのですが、建物の造りや、それぞれのお名前、そしてお庭の雰囲気など、気を付けて見ていただきたい点(場所)が、いっぱいありますよ」と、案内させていただいております。

ここでは、目以外の五感をフルで使っていただいて見学していただきたいのです。

ご見学の際には、五感を総動員でお願いします。(S)

裏の話

2021年10月15日

今回の企画展「渡辺淳展」は、特別な裏の話があります。展示にも、ですが、チラシにもです。チラシの方はというと、裏面がブックカバーになるようにデザインしています。先日も、とあるカフェにポスターを持って行くと、そこにいた方から「この前の淳先生のチラシデザインは、最高だったよ! 申し訳ないけど、何枚も持って帰ってしまったけど、いいよね?」と言われました。一滴文庫に置いているチラシも、気が付いたらだいぶ少なくなっているじゃありませんか! これは、当たりだ! と、嬉しくなってしまいました。

そして、そのカフェで、お褒めのお言葉といっしょに「Sさん、この手作りマスクをあげる。これならSさんに似合うかと思って。このマスクは三重になってて、裏地がこんな感じで特殊なの…」と…。あっ、これは裏の話だ。

はい、展示の見せ方も裏を大切にしています。チラシも裏が重要です。それで、お褒めの言葉といっしょにいただいたマスクも裏が特殊とのこと……。これは、言葉の裏も考えないとならないのかな? まぁ、言葉は、そのままいただいておきましょう。せっかくのお褒めのお言葉なので。(S)

帰雁忌

2021年10月11日

ようやく情報解禁となりました。本年度の帰雁忌は10月23日の土曜日です。

本年は、新型コロナの影響で、やはり例年のようなシンポジウムや式典などの密になるイベントは行わず、劇場でのお琴演奏(葉風会さん)と茅葺館での特別展がメインになるかと思います。

23日は、入館無料となっておりますので、ぜひ一滴にお越し下さい。もちろん、本館で実施中の「渡辺淳展~続・言葉と絵画~」も開催中ですよ~。(S)

2021年10月8日

いよいよ、皆さまお待ちかねの「渡辺淳展 続・言葉と絵画」がスタートしました。

前回、大変好評を博した「言葉と絵画」の第二段です。

今回は、ちょっと特殊な展示方法をとった経緯もありますので、前回とはまた一味違って、皆さまの目と頭を楽しませることができるのではないかと思っております。

お近くにお立ち寄りの際には、ぜひお越しください。

よろしくお願いします。(S)

オリンピック終了です(今さらですが)

2021年10月4日

何かと問題の多い展示でしたが、本日で終了です。

「1964 東京オリンピックに添えられた文学者の言葉」展、名残惜しい気もします。この厳しい社会的状況のなかでのオリンピックに関する展示の実施には賛否両論いただきましたが、終わってしまえば「やってよかった!」というのが、正直なところの小生の意見です。もちろん、問題も多かったのも間違いないのですが、皆さまからいただいたご意見を総合してかんがえさせていただくと、よかったのではないかと思います。

これまでの展示の概念をちょっと捻る展示でしたが、今後につながることも間違いないとも思います。

さて、次はいよいよ「渡辺淳展」です。前回、すこぶる好評だった「言葉と絵画」の続編です。水曜日から開催ですので、皆さまよろしくお願いいたします。(S)

ようやくです

2021年10月1日

本日から10月です。

大きく変わります。何が? と、頭を傾けた方! そうです、9月いっぱいでコロナに関する規制が緩和されました。これでとりあえず、入場規制(緊急事態宣言発令地などの自粛)はだいぶのこと緩やかになりました。それでも、コロナがなくなったわけではないので、まだまだお客様各位にはご不便な思いをさせてしまうこともありますが、その点につきましてはご容赦ください。

このペースで、コロナも消えてくれればいいのですが……。それは、まだまだ先のお話でしょうね。もうひと踏ん張りです。(S)