遭遇

2022年5月22日

 先日、本館でお客様をご案内していると、後ろから「君は、あまり足音がしないね」と、声が飛んできました。はて、あまりバタバタと歩く癖は無いので、どちらかというと静かな方かな? という程度にとらえていました。

 話は変わって本日、朝の開館準備で劇場の雨戸を開けるため竹林にむかって建物の角を曲がると、そこには猿が…。一瞬、ぎょっとしたような顔と、ビクッと動きが止まったようにも感じられ、どうやら朝食に夢中で小生の接近に直前まで気が付かなかったご様子でした。

 あらら、どうやら私の前世は忍者だったようです。それで足音があまりしないんですね。まさか、猿にも気が付かれずにあんなにも接近できるなんて……。まぁ、こっちも建物の角を曲がるまで全然気が付かずにいたので、おアイコでしょうが。(S)

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。