2022年4月25日

 一冊の本が椅子の上に。

 普通でしたら、誰かが読んだ後に間違えて椅子に置いてしまったのかな? と、思うところですが、今日はちょっと事情がちがいます。

 本日、昼過ぎにちょっとした地震がありました。お気づきになられた方おられますか? 一滴は「あっ、揺れた!」と、皆が気が付くくらいでしたので、それなりにというくらいでした。そして、地震を感じたら職員みんなで館内の点検を行うのですが……、そこで発見したのが、この本です。机の上に山積みになっているところから落ちたのか? それとも、お客様の置き間違いか? 朝の点検時に、そこにはなかったことは覚えているのですが、昼間の点検時にはどうだったか、記憶は定かではありません。

 どちらにしろ、面白い一冊です。ここから何か新しい発想が生まれるかもです。こうご期待ですね。(S)

              ■ ■ ■ ■ ■

追伸:鍋太郎さん、本日(F)先生が見学に来てくださいましたよ。ますますお元気な感じで、気力みなぎるといったようにお見受けしました。こっちも、負けてられませんね。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。