この絵 彩るは 文学の世界

2024年6月7日

 企画展、変わりました!

 今回の企画展は「渡辺淳展」です。渡辺先生が水上先生と出合い、そして二人でつくりあげてきた水上文学の世界。その歴史の一端を皆さまに観ていただくために、厳選した58点の作品を並べてみました。これは、圧巻(いや、自分で言うな)。

 そういえば、私がいずれやってみたい展示は、中近世のヨーロッパ貴族の誇る(?)クンストンカンマ―(驚愕の部屋)的な展示です。どのような展示かというと……ご自分で調べて驚愕してください。今回の展示は、それを基に構成してみました。ですが、まだまだ驚愕といえるほどのものはなく、進化途中といったところでしょうか。今後の前進に期待しつつ(この期待は、自分でするものじゃないですね)、今回の展示はやりきった感でいっぱいです(笑)。

 皆さまもぜひ足をお運びいただき、水上文学のどのようなエキスを吸い上げて、渡辺先生が絵を添えられてきたのか、想像しながら御覧いただけますと幸いです。よろしくお願いします。(S)

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 が付いている欄は必須項目です