あれから…

2021年9月4日

以前に、一滴文庫の一部が水没して、倉庫から機材やら何やらを運び出したと徒然草に書きました。あれから、はや二ヶ月が経過しました。

あれ以降、入り口門付近が水没することもなく、倉庫内の湿気やカビ臭さもだいぶ抜けてきました。しかし、あのときに緊急退避して、外の一輪車と同じ濡れない軒下に置いておいた草刈り機が、気づいたら立派な自然のオブジェになってました。草刈り機と一輪車は、まるで自然に取り込まれた巨人兵(ラピュタ的な)のように一滴の片隅でひっそりと佇んでいます。しかも、よくよく見てみるとお花まで咲かせて…。

さて、しっかりと咲かせたお花が枯れるころを見計らって、倉庫に戻しましょうかね。それまでは、もうしばらく芸術作品としてお客様の目を楽しませてもらいましょう。(S)

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です