本当ならば、今頃…

2020年6月13日

六月半ばの土曜日、本来であれば竹人形文楽の公演日で、バタバタガヤガヤと大忙しになるはずの一日でした。一滴文庫が一年で一番華やかで、人であふれかえる日(個人的な感想ですが)! ここ数週間、楽しみにしていた人たちから小生に「残念です」「来年まで我慢です」「初めての五番町だったのに~」という連絡が…(今年は広報もしてないのに)。残念に感じているのは、私だけではなかったと、いやむしろお客様の方だったと、改めて感じております(当然かな。でも、私に連絡してきても、どうにもなりません)。

ということで、本日も淋し気な一日となりました。しかも、本日雨の中お越しいただいたお客様のほとんどが県外の方ということで、泣く泣くご遠慮いただきました。県外の皆さま、もうしばらくの御辛抱です(たぶん)。きっと、近いうちに全面解除になると思いますので、もう少しだけ我慢をしていただき、解除のあかつきには県外から毎日でも通っていただけますと幸いです(さすがに県外から毎日は無理かな?)。(S)

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です