帰雁忌

2019年10月26日

 今日の一日の行方をを暗示するかのように、一匹のかたつむりがのんびりと歩を進めていた帰雁忌の朝。そのまま、のんびりとのどかに帰雁忌を終えることができました。新しくなった茅葺館での琴の演奏、本館ラウンジでのお茶席、劇場では読後感想文「拝啓 水上勉様」の表彰式と有馬稲子さんの「語りエッセイ はなれ瞽女おりん」。水上勉生誕100年のこの年、最高の一日でした。(u)

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です