次へ

2016年6月20日

 見知った顔なのに、別れはやっぱりさびしいものです。でも、「またいつかお会いしましょう」ではなく、「また来年」と交わす言葉、ここにいれば必ず再会できるのですから、さびしさも姿が見えなくなったその時だけです。終わりがあれば、始まりもあります。土台をしっかり作って、次へと繋ぎましょう。
 アンネのバラもこれで終わりではありません。新しい命が続いています。(u)

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です