5月2020

今日はカラっと五月晴れ

2020年5月28日

いよいよ五月も終わりに近づいてきましたね。梅雨も近いはずなのですが、今日はそんなことを感じさせない爽やかな天気でした。

思い返してみれば、今月はなんとも五月らしい、穏やかで過ごしやすい日が多かったように思います。ここ数年は、五月でも四十度近くの猛暑日になることが多かったので、このような気候は本当に久しぶりですね。
コロナが無ければ、絶好の行楽シーズンになっていたであろうことを思うと、なんともやり切れない気持ちになります。もちろん、こんな状況で猛暑や豪雨に見舞われるよりはよっぽどいいことではあるのですが……。
幸い、この晴れ間はまだ数日続くそうですので、辺りをのんびり散歩してみるのもいいかもしれません。その際には、ぜひ一滴のお庭もコースに加えていただければと思います。(I)

見頃はいつ?

2020年5月27日

先日、くるま椅子劇場裏の竹林の状況について、電話で「見頃はいつ?」というお問い合わせをいただきました。現地を見ていなくて分からなかった私は、(S)さんに代わって答えてもらいました。

ちょうどこの時期にタケノコが土から顔を出し、これから夏にむかってグングン成長していくとの事。6月中旬以降が見頃だそうです。

見頃になりましたら、徒然日記でもお知らせしますね。成長が楽しみです! (K)

言うは易し

2020年5月25日

閉館中は事務処理のまとめにいそしんだものの、頭の中のことを文字にするのは難しいものです。人に教えることがいかに大変か痛感しました。頭の中では整理できているのに、何を書いているのか。読み返すたびに?、?、?。(u)

 

万事塞翁が馬

2020年5月24日

開館はしておりますが、人の気配はありません。残念です。長い間の休館も挟みましたので。

しかし、そんな鬱々とした日々にも良い点はあるものです。ここしばらく、空いた時間をみて図書室の蔵書整理を手掛けているのですが、昨日と本日はこれまでたぶん一度も手に取られることがなかったであろう奥も奥の本棚。空気も動かない一角です。さてと、手にしてみるとカバーの薄用紙やセロハンがパラパラと消えていく…そして周りとくっつきだしている…挙句の果てには、カビのような斑点も…! このタイミングで発見出来て良かったです。こんなこと(コロナ休館)がなければ、たぶんあと数年間はそのままになっていたことでしょう。手遅れになる前に発見できてよかったです。万事塞翁が馬とは、このことか。

ということで、ブンナの部屋に引き続き、図書室もリニューアルに向けて邁進中です。皆さま、こちらもご期待いただければ幸いです。一滴図書室、この機会にどんどん使いやすくしていく予定ですので!(S)

ご挨拶 その2

2020年5月23日

(K)さんに続き、今月から御世話になっている(I)と申します。
休館中は主に草抜きに精を出しておりましたが、いよいよ再開館となり、事務仕事等をさせていだだく機会も増えてまいりました。
とはいえ、暑くなれば草も伸びに伸びる。しばらくは、皆様とは外でお会いすることの方が多いかもしれませんね。
まだまだ不慣れな点も多いですが、なんとか頑張っていきますので、どうかよろしくお願いします。
また、最近は暑くなってきているのに加え、寒暖の差が非常に大きいですので、お体に気を付けてお過ごしください。(I)

ご挨拶

2020年5月22日

本年度よりお世話になります(K)です。

いつも受付に座っていますので、よろしくお願いします。

慣れるまで暫くやさしく見守って下さい。(K)

 

開館いたしました

2020年5月21日

皆さま、お待たせいたしました。本日より一滴文庫も再開館させていただきました。

まだまだ、新型コロナの影響で、とりあえずは県内在住の方に限らせていただきますが、これから徐々にでも日常に戻ってくれるのではないかと期待半分、不安半分な開館初日となりました。

一滴では現在『水上勉の集めた美術の粋』展を開催しております。本来であれば、もう後半展になっている時期ではありますが、前半が数日しか公開できませんでしたので、時期をずらして新たに本日から再スタートさせていただきました。ぜひ、この機会に一度足を運んで、水上勉と交流の深かった人々の作品をご覧いただけたらと思います。(S)

 

『水上勉の集めた美術の粋』展(本館一階展示室)

展示前半:5月21日(木)~7月13日(月)

展示後半:7月15日(水)~9月14日(月)

いよいよ

2020年5月16日

福井県をはじめとする大部分の県で、緊急事態宣言の解除がありましたね。これでなんとか開館に向けて一歩前進といったところでしょうか。開館をお待ちくださっている皆さまには「あと何日!」と、明言できませんが、それでも「あと少しの辛抱です」と、言えそうな雰囲気ですね。

さて、開館がもう間近に迫っている(たぶん)でしょうから、これから数日はさらに頑張って、皆さまをお迎えする準備に抜かりがないようフンドシの紐を締めなおして‥‥‥いや、さすがに履いてないですけどね。(S)

外からでも

2020年5月11日

本日、とある方々とちょこっとお話をしていると、こんなお声が聞こえてきました。「文庫も一番いい時期に閉館して残念だけど、外から文庫のなんじゃもんじゃの白い花がよく見えて、とても気持ちが良いよ」とのことでした。

外からしか見ることは叶いませんが、それでもこのような状況の慰めになってくれるなら、今年のお花も意味深いかと胸を撫で下ろしました。

しかし、本当に今年のお庭は綺麗です。例年以上に華やいでいる気がします。まぁ、残念なことですが、今年のお庭は私たち職員だけのものということで勘弁してください。その代り、来年の春を期待していてください。その時まで、お楽しみに。(S)

しばらく見ない間に

2020年5月7日

こちらにお世話になって初めてGWをいただきました。といっても、家からほとんど出ていないので、なかなか風変りな連休となりましたが。

ということで、数日ぶりに文庫の門をくぐってみると、園内は色とりどりにと、様相が変わっておりました。なんじゃもんじゃも花を咲かせ、アヤメにツツジ、アンネのバラが満開。そして、シランもあと少し! といった状況でしょうか。今一番皆様にみていただきたい時期ではあるのですが‥‥‥。今年は、頑張って庭園のお手入れしますので、今しばらくお待ちください。(S)