2018年3月

本日で平成二十九年度も終了です

2018年3月31日

 明日からいよいよ新年度ですね。月日の過ぎていくスピードに、身体も心も追いついていないような気がします。気持ち的には、まだ25年度くらいなんですが……。ですが、時間は止まってはくれません。明日はいよいよ、イベントの日! 淳先生の描いた竹紙画を前に、話をしていかなければいけません。これは、気を引き締めなければ!

 そういえば、以前に渡辺展の説明を団体のお客様たちにしていたら、お客様にまじっていつの間にか淳先生が……(釈迦に説法的な…笑)。あのときは、急なサプライズゲストでしたが、今回はどんなサプライズが待っていることやら。(S)

見栄え

2018年3月30日

 同じ閉め切るなら、無粋な雨戸よりガラス戸にカーテンの方が見栄えがいいものです。椿の花もいつもり赤く見えませんか。カーテンレールもカーテンもおさがりですが、まだまだ使えます。劇場のガラス舞台から眺める竹林だけでなく、劇場の通路の3方向からガラス越しに庭園を眺めていただけるようにしたいものです。(u)

桜咲く

2018年3月29日

    一日中ポカポカの良いお天気でした。
    連日の晴天と暖かさで庭の枝垂れ桜がいっきに咲き始めました。テレビの桜開花予想では北陸地方は3月末までには満開とのことでした。これから少しずつ桜前線が北上して5月の初頃には北海道でも桜が咲き始めるみたいです。暖かい春に日本は包まれそうです。(T)

想い出のスケッチ日記

2018年3月28日

 明日からいよいよ始まります!
 いや、何が(笑)!
 劇場ホワイエにて「想い出のスケッチ日記」と題した、渡辺淳先生を描いた数々の絵画の展示会が始まるんです。本日、午前中はその準備に出品者とその愉快なお仲間の皆さま(再笑)がお集まりになられ、ワイワイと楽しく展示にあたられていました。出来上がった会場は、まさに淳先生ダラケ。何とも楽しい会場となりました。
 お時間とご興味のある方々は、是非お越しください。4月1日(日)のイベントとあわせてご覧いただけると、楽しみも一層……増してくる……はずです!(S)

竹林

2018年3月26日

 劇場のガラス舞台と竹林。唯一無二と言っていいほどの文庫の自慢でしたが、竹の数が年々寂しくなるばかりで、昔の面影がなくなり始めてしまいました。土壌が痩せて根ごと倒れたり、雪の重さに耐えかねて折れたりと、竹は老いてゆくばかりです。少しでも元気をつけようと土を入れてもらいましたが、問題なのは猿のいたずらです。伸び始めたタケノコをポッキン、ポッキン折るのは、サルでなくても楽しそうですが、全部は堪忍してほしいものです。妙案はないものでしょうか。マキビシ、トリモチなんていつの時代の話と笑われそうです。(u)