2013年6月

2013年6月24日

 今日は曇り空のお天気で、過ごし易い一日でした。
 庭の柿(田主丸):左、サンシュユ:中、ナンジャモンジャ:右が、まだ小さいですが、それぞれ実をつけました。庭の色々な植物達がつけた実は、これからどんどん大きくなり、秋頃には熟れて食べ頃となります。私はとても楽しみです。(T)
(注)サンシュユとナンジャモンジャは、熟しても美味しくありません。

これは頂けません

2013年6月23日

    

 本日、日曜日ということもあって、団体さんあり個人さんありの来館者が引っ切り無しで大忙し、といった嬉しい一日になりました。しかし、反面、園内には心無い落し物も発見。そうです、タバコのポイ捨てです。園内は朝一で綺麗に掃除をしているので、当日より前のゴミではありません。しかも、職員は来館された方々と結構話しをして、細かく園内を巡回するので誰が棄てて行ったのかちゃんと分かっています。残念な話ですし、これは頂けません(貰えません・感心できません)。もちろん来館者の落して行ったゴミを掃除することも職員の仕事と言われてしまえばそれまでですが、なんとも哀しさを覚えてしまいます。
 文庫には、子どもたちも多く来館しますので、どこで大切なお孫さんに見られるかわかりませんよ。多くの人たちと一緒に楽しもうと思うなら、ルールとマナーは大切ですね。
 園内には、喫煙所として六角堂の脇に灰皿を設置しております。愛煙者の方々は、歩きタバコではなく、どっしり座ってお友達同士でお喋りを楽しみながら喫煙所でどうぞ。(S)

逸品

2013年6月22日

           
 先週の月曜日からは始まった竹筆づくり体験教室も今日で終わりとなりました。講師手作りの竹筆がこんなにも、すべて文庫の黒竹を使っています。
 出来栄えを見ていて、作りたくなったのですが、いかんせん根が曲がり竹、変わった姿の竹を使ってみたものの、筆先が短く、不揃いになりました。が、出来は悪くても、見た目の面白さに自己満足しています。
 講師作の逸品は、六角堂でお求めになれます。体験教室は終了しましたが、もう少し竹が使えそうなので作ってみませんか。(u)

紫陽花

2013年6月21日

 

 

 

 梅雨いりしたこともあり、朝から雨降りのジメジメした一日でした。
 今日は午後から、「第四回水上文学の風景写真展」のポスターや応募要項をおおい町の関連施設に配ってまわりました。途中、農道脇に大きな頭ぐらいある紫陽花がいくつも美しく咲いていたので写してきました。梅雨の時期にピッタリの紫陽花は、雨の中で存在感を発揮していました。(T)

天気の偏りと思考の偏り

2013年6月20日

 なかなか梅雨っぽくなってきました。やはり、雨もたまには降ってくれないとダメですね。竹人形公演前には、園内が乾燥しすぎて、土の上を歩いたり草を抜いたりすると、その度に土煙りがブォワ…ブォワ…っと舞い上がり、靴や服が土煙りで変色してしまうほどでした。適度な乾燥、適度な湿気、何事も適度な状況を保つことが重要ですね。
 そういえば、少し前に来館したお客様と話をしていたら、そのお客様から「5・6年ぶりに来ましたが、雰囲気がだいぶ変わりましたね。素晴らしい。でも、この庭は綺麗過ぎるよ。」と気になる一言。毎日、職員皆で朝早くから出勤して開館準備や庭園の清掃と駆けずりまわり、雑草を片っ端から引っこ抜くと息巻いていましたが、「草も花も同じ植物」といったところでしょうか?何事もほどほどがベストということですね。やはり、多くの様々な人との会話は勉強になります。(S)