小説を歩く

2010年5月29日

一滴徒然草画像

 文庫の次はどこへとちょっと考えてしまうことがありますが、今日は、こちらが教えてもらうことになりました。水上勉の小説の舞台を訪ねていらっしゃるお客様です。松尾寺から成生へと向かわれましたが、お話しをお聞きしているうちに一緒に行きたくなりました。小説の舞台となった地元でも、おもしろい話が聞けます。お車でお越しの際は足を伸ばしてみてください。思わぬ発見があるかも。「水上文学の風景写真展」にぴったりです。
 今回の小説は「金閣炎上」でした。(U)