水上文学風景写真入賞・入選作品紹介

第8回水上文学の風景写真展入賞・入選作品

たくさんのご応募をいただき、誠にありがとうございました。
表彰式は「帰雁忌」にて行いました。
また入選作品は「帰雁忌」当日より、くるま椅子劇場ホワイエに展示しています。
展示期間:2017年10月28日(土)~12月28日(木)
■審査員
 水谷内 健次(写真家) 他
 町長賞:おおい町長選考
最優秀賞 茶山昌子(滋賀県)
No01_b
水上勉作品: 「湖の琴」(講談社)
撮影場所: 滋賀県余呉湖
コメント

 「湖の琴」に雪の余呉湖はでてきません。
 でも私は雪の余呉湖をながめながら、さくと宇吉を思い出します。
 「その宇吉のかなしみに被いかぶさるように、雪は湖北を真白に染めていった。冷たい冬の風が、湖北の野面を音をたてて撫でていた。
 山も野も湖も雪に埋もれる冬は長かったのである」
 今、この冷たい雪の中でも、私にはさくと一緒に微笑んでいる宇吉の顔が浮かんできます。

優秀賞 堀川恭司(福井県)
No02_b
水上勉作品: 「飢餓海峡」(河出書房)
撮影場所: 福井県丹生郡越前町
優秀賞 森瀬一馬(福井県)
No03_b
水上勉作品: 「湖笛」(講談社)
撮影場所: 滋賀県長浜市湖北(琵琶湖)
町長賞 田端みつ子(京都府)
No04_b
水上勉作品: 「霧と影」(新潮社)
撮影場所: 福井県高浜町城山公園

過去の水上文学の風景写真展入賞・入選作品

このページの先頭へ