一滴の本棚

新刊紹介

あぐり☆サイエンスクラブ:春

 私立中学受験をあきらめ、ちゅうぶらりんな日々を送っていた五年生の学。ある日、ぐうぜん「あぐり☆サイエンスクラブ員募集」のチラシをひろう。「野外活動。合宿あり」――おもしろいことが待っていそうな予感。学は早速入会を申し込むが、なんとクラブは一年かけて米作りを経験する「田んぼクラブ」だった――!

作者
作:堀米 薫 絵:黒須 高嶺
発行年
2017年4月25日
出版社
新日本出版者

遠い国から来た少年

 マサのクラスにやってきた不思議な転校生・山本次郎。「いらっしゃいませ、わたくしめは、やまもとじろーでごんす」――自己紹介から変だった。ジローは、「遠い遠い国から来た」という。クラスのみんなはジローをさけていたが、勝ち気な姉・ユリに「変わってるから仲間にいれないのはいじめだ」と言われ、マサは――。

作者
作:黒野伸一 絵:荒木慎二
発行年
2017年4月20日
出版社
新日本出版社

ホッキョクグマの赤ちゃん

 地球温暖化の影響で絶滅危惧種になっているホッキョクグマ。おかあさんは冬のあいだ巣穴にこもって、たいてい2頭の赤ちゃんをうみます。親子が外へ出てくるのは春。子どもたちがしっかり歩けるようになると、大好物のアザラシがいる氷の海にむかって出発です。泳ぎ方もアザラシのつかまえ方もおかあさんから学ぶ子どもたち。極寒の地での成長の様子を見事に捉えた写真絵本!

作者
文:さえぐさ ひろこ 写真:前川 貴行
発行年
2017年3月30日
出版社
新日本出版者
今月の一冊

図書紹介

ブンナの部屋 本館図書室内にあるブンナの部屋には、楽しい絵本がいっぱい。くつを脱いで入れるので、くつろぎながら読むことができます。
このページの先頭へ